« あえて言う | Main | 今期 »

April 09, 2011

この一ヶ月

大震災、余震、放射能に、日本中が世界が不安な日々を余儀なくされた。
自分だけではないけど、かなり疲れたというのが実感。。
やることなすこと、どこか気持ちが入らず、手につかず、、
日々の不安感がこれほど堪えるとは、被災地の人にとっては、、

この間TVではこれでもか、という位ACのCMが流れ“一人じゃない”の連呼に合わせるように、TVに出てくる著名人までもがコメントの後に呼応する。どこかひねくれている私はおめぇらは一人じゃないから言えるんだよ、なんて無意味なエネルギーをプチ発散することで気持ちを紛らわしたり、、
まあ、そんなことはどーでもいいんだけど。。

気がつくとすでに4月。桜も満開を迎え、時間だけは容赦なく過ぎて行く。
例年ならば春は比較的のんびり過ごし気候とともに気持ちも身体も活発に動き出す頃。。
今年はどうだろう。
この一ヶ月でかなり気力体力を消耗した。。
節電に合わせて、自らの体力も節制しようか、、その分、気力とのバランスをとってムダな行動を削ればいいのかな。やってみよう。疲れた心身を労りながら考え進んで行く行動。

都知事選も明日まで。。
しかし、しかし候補者の姿、言葉、行動が見えない。。どこ行けば見えるの?(笑)
ネットでのメッセージが規制されている、というのが、、まさに現実の問題だよね。
何か利権や操作があるのでは?と勘ぐってしまうほど。
今回の震災や対応を見ていても思うし。。何を信じればいいんだろうね。。
もっと感じよう、考えよう。見る目を持とう。情報の整理、収集能力を鍛えよう。
そして行動しよう。。

さて、来週から本格的に新学期の始まり。
昼、夜の学校も始まる。
それぞれのMTGも無事終え、かなり具体的になってきた。
状況の変化としては、年々増加傾向の留学生たちが、思ったより放射能帰国を余儀なくされていること。。彼らの親たちとしては当然不安心配が大きいよね。。
それでも学生たちと顔を合わせるのはとても楽しみの一つ。
きっと今までとは違う感覚で接して行くんだろうな。。
この不安な状況の中で進んで行く、希望を見出したいね、
デザインやアート表現を通じて、これからの社会とのコミュニケーションを考えて行きたいね。
ムダを削って、より本質的に向き合って行きたい。。

さてさて、先日アナウンスしたGWのイベント、早速先日HくんWくんが来てくれた。
彼らとは1年ぶりの再会。グラフティーや絵を書き続け、目標に向かって生きている。
震災の話や現状の話、これからの希望や夢など、今回も熱い話が聞けた。
いつも話は尽きないので、時間を決めて(笑)終電には解散したが、気持ちが前向きなのは何よりだ。。
肝心のイベント作品についてはあまり触れられなかったが(笑)イメージはつかんだかな。GWに向けて、こちらもいよいよ動き出さなとね。。
今週末、来週も何人か協力してくれる予定なので、いよいよ始動という状況。
とても楽しみ。。



この間、ちょっと古い映画だけど“i am sam”より。。
Sean Justin Penn, Michelle Marie Pfeiffer主演のお勧めです。。
とてもとても良かったので、その中の一曲。。

April 9, 2011 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81977/51342275

Listed below are links to weblogs that reference この一ヶ月:

Comments

Post a comment