« 声(編) | Main | この一ヶ月 »

April 09, 2011

あえて言う

http://bit.ly/hyXKGu

これってどうだろう。
まあ、この記事の信憑性はともかく、、現実の日本人の心情としてはあると思う。

もちろん分かる。
気持ちも生活も、状況も。。

原発推進も、メディアによると確かに一面あるのかな、って思うところはあるけれど、、、
でもね、、、
これを比較してみて。。
http://bit.ly/974qs0
http://bit.ly/gwROBL

どうだろう。。
(十分ではないだろうけど、、)


さて、先の「私は…許す…」だけど、、
私も個人(どの組織にも属さないフリー)でグラフィクデザインの仕事をして早十数年。。
いまでも様々なクライアントのおかげで生活ができている。。
大きな組織もあるし中小の企業もるし、、感謝もしている。

でも、この大災害において、放射能という危険性を、企業が国が安全!と言い切って押し進めている施策。反面、過去の歴史含め、危険性はどうなの、、を置き去りにしてきた、ひとつの結果が今問題になっている訳で、、それと、個々の生活感を一色単にするのはどうだろうか。。

個人の感情としては分かるし、、でも、実はその個人の感情こそが今、必要になっている。
個々の判断が。。

もっと言うと、地域に、原発プロジェクトがなくてもきっと生活は成り立っているはずだと思う。
それぞれの環境の中で、人は生きる知恵を持っている、確実に!

権力や資本を持っている人に頼るのは確かに楽だし、今よりもいい生活が出来る。。
みなそういう仕組みの中で生きている。

ただ、この状況の中、世界も不安視する地球規模の出来事の中、このコメントはどうだろうか。。
未だに、権力構造、資本構造一辺倒の考え方、生き方ではないかな。。
この大震災で受けた心身ともの傷、癒すのは、もう権力でも資本でもない、、自らの価値観や生き方を考えること、だと思う。

でも、それが日本人の、世界から賞賛されもするし異次元的でもある所以かなとも思う。。

どこか情というか、血縁的すぎないかな、、って思う。
生活、環境、仕事、、日常の中、自分を中心としても様々な状況、今ある出来事が、現実、幻想、誤解、崇拝、、そんな中で、、さも自分の身の回りだけののことであり世界共通という、、まさに幻想、勘違いで成り立っているということを、もう一度考えようよ。。

どうだろうか、、、

April 9, 2011 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81977/51342900

Listed below are links to weblogs that reference あえて言う:

Comments

Post a comment