« KURAMATASHIRO ETTORESOTTSASS | Main | お知らせ »

May 22, 2011

大地のピアノ

5月に入って、GWは自転車のイベントに精魂使い果たし(大袈裟)、
果たしてその成果?は、不明だが。。
まあ、また新たな経験も出来たことで良しとしよう。
どこか感じるところもあった準備も含めイベントだったけどね。。

最終日も遅くまで尾を引き、休む暇もなく月曜日、いよいよ本格的に始まった昼夜の授業に入って行った。
準備はしていたつもりでも授業はまさにLIVE。楽しくも予期せぬ冷や汗もいろいろなことが現れる。このアドリブ感も嫌いではないし思わぬ発見や思想が見えたりとても楽しいのだが、、しかし、疲労は後からやってくる。

その“後”のタイミングはいつ来るのか、最近はなかなか予測不能(苦笑)
今期は、昼の学校は授業自体が増え、夜はイレギュラーな案件も(ある意味自ら)増え、かなりの時間を要する。まあ何事も増えることは悪いことではないかも知れないが、不純物も増えるのは身体に良くはない。そんな一進一退を繰り返しながら常に時間が流れて行くんだろうね。。

こういう状況というのは得てしてストレスが溜まるのが常だ。なるべくツボに入りすぎないように、最近はDVDやiTunesStoreからレンタルダウンロードで映画を観るようにしている。後者は種類は少なく好みのものもほとんどないけど、手軽に映画を楽しむことが出来るので、一度観たことある映画も頭のクールダウンとして?流してみたり。でも自分なりの名画はいつ観てもいいもの。。

最近友人のために音楽CDを焼いている。始めリクエストされたことから始めたのだが、改めて自分の気に入っている曲をまとめるという作業は楽しい。。中学生の時に好きな女の子に気に入られようと(笑)必死に自分の好きな音楽をカセットテープにダビングした記憶がよみがえる。今は対象は異なるが(笑)

そんな作業をしていると、やはり傾向というものはあるもので。。基本はREGGAEなんだけど、ここ最近の疲労感の中では決してPOPSに行かず、JAZZ系、、自分の中の数少ないリストの中でも結局80年代に聴いたところに行ってしまう。。

Dollar Brand
貸レコード屋で初めて聴いたアルバムはAfrican Dawn。
それから約二十年、Nina Simoneと同じく気に入って聴いていたアーティスト。
この2人は今でも、心に、大地に、響く音楽として、いつの時代も持ち歩くマイデバイスの中にある。。
今、この疲労感の中にも、頭に心に身体に心地よく沁み入ってくる。。



May 22, 2011 in 音楽 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81977/51734204

Listed below are links to weblogs that reference 大地のピアノ:

Comments

Post a comment