October 22, 2009

プレゼン

月曜日午後、
12月に行うイベントのためのリーフレット(ポストカード)のデザイン提案のため、芝公園にある同居人(建物がね)Y嬢が働いている某企業へ向かった。。

前日の日曜日、
深夜終電ギリギリまでT氏、S氏、SM嬢、私のクラスの元学生3人がそれぞれのデザイン案を形にしていく。その間、屋上(屋外)では、前から決まっていた別の来訪者4〜5名で飲み会(笑)が開かれた。私はというと、その週末から当日の夕方までは仕事や私用でバタバタ。まったく手つかずの状態のまま“飲み会”に(笑)参加。

日付変わった月曜日、
終電で皆が去った深夜、ようやく3,4日ぶりに自分の時間がとれたのだが、、体力限界。早朝からプレゼンのためのまとめ作業に入った。3人の別々のデザインファイル(データ)をまとめ、出力し終えたのが約束の時間30分前。当然間に合う時間ではない…。先方に連絡を入れ、S氏と駅前で待ち合わせ、遅れること15分。。

芝公園から歩いても3〜4分の近代的な21階建てビル最上階に上がった。かなりオープンなレイアウトのオフィース、受付の電話をかけようとすると、全面ガラスドア越しにY嬢の姿が。。さらに全面ガラス張りのミーティングルームに通される。大きな窓からは東京タワー、増上寺、プリンスパークタワー東京、六本木や赤坂の街並みが一望。。(写真撮るの忘れた…、苦笑)

すぐに担当者の面々が入ってくる。皆バリバリのキャリアウーマン(のように私からは見える、笑)の方々4名+共同企画のNGOの女性1名。我々入れて7名でのMTG。自分の予定では10点以上の提案予定だったが、結局ビジュアル面8案、テキスト面2案の提案となった。
チラシ的に内容をもれなくわかりやすく伝えるデザイン、さわやかなビジュアルイメージのデザイン、素材をバランス良くアート系にクールに表現したデザイン、、など。
結果、イベントのメッセージ性を最重点に置くという視点から、S氏提案のシンプルでアーティスティックなイメージのデザイン案に決まりそうだ。さらに詳細を詰めてもらい、今週末にブラッシュアップの予定。。

クライアントの担当者は女性が多いいが、これだけの女性とのMTGは珍しい(笑)終始和やかな雰囲気で進んだのもY嬢のフラットでオープンマインドなお人柄ゆえか?(さすが!)

October 22, 2009 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2009

colors..

Dsc01232_4
Dsc012313


October 16, 2009 in デザイン, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2009

GIRLS GIRLS WORLD!

Rkggw

先日偶然にも再会したイラストレーターR子先生のサイトのご紹介。
昔から一貫してますね〜。。

お仕事の依頼は直接ご交渉ください〜(笑)

April 28, 2009 in デザイン, 夜の学校 | | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2008

Coming Soon...

Studio7

October 9, 2008 in デザイン, 仕事 | | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2007

Tokyo Designer's Week 2007

2年続けて行ったTokyo Designer's Week、残念ながら今年は行く機会を失ったようだ…。
週末、土日どちらかで行こうと思っていたけど、不安的中、昨日、一昨日の打ち合わせで、この週末集中しなければ間に合わない状況に。

今日、明日は天気もよさそうだし、、みなさん、神宮外苑辺りの散歩にちょっと寄ってみるのもいいと思いますよ。インテリア、プロダクト関連がほとんどですが、世界の若手デザイナーの作品など、普段なかなか目にすることないデザインでいい刺激を受けますよ。

デザインされたもの、消費的な視点ではなく(重要な要素ですが)、まずは“デザインされた”ものに触れて、脳にいい刺激を受けて、その活性化された部分が生活の中に自然ととけ込んでいくような、そんな日常になったら、そんな人が少しでも増えたら、少しは心の豊かな社会になるんではないでしょうか〜。リサイクルや環境にも、デザイン(素材)が必要だと思うし、デザインって“かっこ”だけよければいいというものでもないし、、毎年、このイベントでいろいろ考えるいい機会なんですが、自分としては。。

ドームのSofaも、以前ここで出展されたイギリス人デザイナーの作品。皆たくさん写真撮って“行けない人のため”に(笑)ブログで紹介してくださいませ〜。

J-waveもブースを設けてON AIRしているし、ちょっとしたお祭りの雰囲気?も楽しめます。一昨年はシンディーローパーのライブもやってたし。。

行きたいな〜、今日予定より進めたら、明日午前中だけでも行こうかな…、いや、でも、、。
とにかく、仕事に集中。。

November 3, 2007 in デザイン | | Comments (2) | TrackBack (0)

October 27, 2007

Around Europe

Aep
渋谷のBook1stが閉店になり、場所が駅近くに移った。田園都市線に降りる途中にあり、ここはもともと別の書店だった場所だ。とても狭く、人を避けて通らないとなかなか進めない。デザインコーナーもかなり縮小されたが、センスはまあまあ。新しいお店ということで?急ぎで必要なものではなかったけど、数冊購入した。Book1stのカバーも新しくなっていた。。

October 27, 2007 in デザイン, 書籍・雑誌 | | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2007

メカ

Campa
美しいですね〜。
って、ついに雨も本格的になり後は台風を待つだけ…、どこにも出られずオフィースに籠もり独り身の回りの“もの”でちょっとだけ悦には入る(笑)ものと向き合ういい機会です…?

Campagnoloキャリパーブレーキ。デザインだけでなく身を守ってくれるとても重要なもの。形だけで選ぶと、ちょっと不安。逆に機能ばかりというのも、ちょっと不満。やっぱり信頼性とデザイン。バランスですね。けっこう主観(好み)ですがね。。

あ、MAVICもいいですよ。あのクロのサイドプル。デザイン的に'80位迄のクラシック(と言わないか)にも今のにもバッチリ決まるし、機能面も板バネ特有のフィット感?があってとても安心できます。クロのボディに黄色のロゴがいいです。。

July 14, 2007 in デザイン, 自転車 | | Comments (0) | TrackBack (0)

活版

Img_7143

July 14, 2007 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2007

5秒ムービー

ドガッチ”サイトで、5秒で表現するムービー作品「5秒ムービー大賞」の公募。
応募締め切りは6月30日まで。賞金は100万円!開催!だそうで。。
ファイル形式は、FLV、avi、mov、mpeg、mp4
サイズは、320×240pix
ファイル容量は、5MB以内
作品の尺、5秒
…だそうです。
応募内容をよく読んで、応募してみるのいいかもね。

June 16, 2007 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2007

色校正

Color1今年に入り、装丁の仕事が2本続いた。いつもお世話になっている某出版社の最新版のデザイン。1冊は前回とほぼ同デザイン、もう1冊は色を大幅に変え進めていて、今日その色校正が送られてきた。

最近のデジタル印刷技術のへ進化に伴い、ほぼイメージ通りで赤(チェック)を入れることが極端に少なくなった。全体の確認をして担当の方に電話を入れ、早速送り返した。

いつも出来上がった本は1冊贈呈頂くが、この本は定価が1冊28,000円もするので少し恐縮してしまう。過去手がけた作品は数十冊になっていて、年代と共に変化を見るのも楽しい。。

February 27, 2007 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2006

Tokyo Designer's Week 全編

Img_5506

予定よりかなり遅れ、リカベくんで神宮へ向かう。品川駅前の混雑を避けるため、その手前の御殿山を左折し、すぐの交番脇の路地を抜け高輪プリンスの裏手に出る。ぎょらん坂を下り古川橋を左折、天現寺を右折し西麻布を抜け、青山霊園の脇道を通り、南青山3丁目の交差点246を右折、神宮外苑の銀杏並木に入る。途中から自動車の規制がかけられている。いわゆるほこ天その突き当たりが会場だ。昼頃に到着。すでに会場にはかなりの人、人。当日券2,000円!で入場する。

Img_5507

さて、とりあえずの目当てはドームで使っているソファ“modus”ブースを目指したが、広い会場一通り回ったが見あたらない。2003年、会場は異なっていたらしいが、IDEEがそこで買い付けたものを私が購入し、昨年はさらに新作など見ることができたが、残念ながら今年は参加していないようだ。。

Img_5487

大手企業から小規模な会社、個人など“生活デザイン”をテーマにさまざまなものが展示されている。当然インテリア系が多いが、昨年同様、中にはかなり個性的な自転車もあった。まあ、この辺はサイクルモード編で(笑)

Img_5483

メインの巨大な会場を出て表の広場に出ると、一転、学生や個人出展のエリアだ。また、企業もより単発的な?コンセプトで発表している。個々に分かれたコンテナ内でかなり個性的なデザインが見られた。印象としては、プロジェクターで映像と組み合わせたものが多かったような。。ただ、まんまで、だから…と思ってしまうものも少なくはなかった。学生の作品は、今講師をしている学校も出展していたが(科が違うが)、同時に行っていた学園祭のイメージだ。まあ、ロケーションが違うのでよりリアル感はあった。

Img_5490

また、今年も“J-wave”生放送していた。久しぶりにサイト見たら大幅にデザイン、リニューアルされてますね〜。前の(いつから)クールなアダルティなイメージから一転、爽やか系色をベースにかなり盛りたくさんなにぎやかな雰囲気で…。

Img_5500

1時間ちょっとで会場を後に。一度リカベくんを置きに品川に戻り、電車で天王洲から海浜幕張に向かう。こちらも最終日の“サイクルモード2006”へ。
Ta30

November 6, 2006 in デザイン, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (1)

November 05, 2006

Tokyo Designer's Week

Img_5503

今年も行きました、“Tokyo Designer's Week”その途中報告です。なにせこの後、幕張にも行くので。。では夜に。

November 5, 2006 in デザイン, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2006

とりつかれて、

Tdw今年もやってきます“Tokyo Designer's Week”2006年10月31日(火)〜11月5日(日)。昨年同様明治神宮外苑前で行われるデザイナーズイベント。その中でもNikeが「とりつかれて創ったアート展」なるものを行う。シューズ(フットウェア)の素材、パーツにスポットを当て、関わったデザイナーたちが“とりつかれて生まれた”作品として発表するようだ。

今年もぜひ外せないイベントです。ブログも情報満載で興味ある人は要チェックです。11月は先の自転車イベントもあったりと、まさに文化の秋ですな。いつもこの手の言葉はとても抽象的ですが、自分の“テーマ”で過ごす秋はとても充実感を得られるのではないでしょうか〜。行動ですな、行動。アクションですよ。あ、そういえば、マンガのアクション最近読んでないな〜。その中の「駅弁ひとり旅」けっこう好きなんです(笑)
Ta30

October 26, 2006 in デザイン, 文化・芸術 | | Comments (4) | TrackBack (0)

October 03, 2006

自転車のデザインは…

Penbike1“Pen”10/15号
クルマはどうなる?交通システムは?未来の乗り物は、こんなに楽しい

Pen最新号、ド派手なピンクの表紙で書店ですぐ目に入ってくる。特集は未来の乗り物、当然自転車もしっかり見開きで組まれている。
デザイナーのお国もフランス、オランダ、シンガポール、アメリカ、中国、韓国、台湾とワールドワイドで、日本のものが紹介されていないのはちょっと残念。
まだ、詳しく読んでいないが、電気自転車など、モーター、人力問わず他にも多岐にわたって紹介されているのでかなり楽しめる。お勧めの1冊です。。
Ta30


Line_2

October 3, 2006 in デザイン, 書籍・雑誌, 自転車 | | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2006

純愛というほど甘くはないですが

Tullys土曜日、朝の井の頭線。日曜日に比べればやや人は多いが十分座れる。車内の空気も半々だ。休日モードで神泉で降りる。Tully'sの濃いコーヒーで目を覚ます。このトゥリーズ、正確には“タリーズ”って読むのね…。。

東急本店前から裏道に入り、空から降ってくるカラスの?フンを避けながら(笑)、NHKの横を通って公園通りのモスに寄る。hotspotを利用するためだったが繋がらない。店員に聞くと最近改装した時に装置を外し今は使えないとの事。。ネットでアナウンスしろよ〜、と思ったが、彼が言うにはすぐに再度設置するとの事。その“すぐに”っていつよ?と突っ込もうとしたが店員の不安げな顔を見てやめた。相手の顔を見てしまう悪い癖が(笑)。時間はまだ10時前。ハンズもまだオープンしていないし、朝の渋谷はCoffeeShopしか開いていない。。しばらく宇田川町界隈を散歩をして時間を過ごす。渋谷公会堂前からPARCOに向かってなにやら若者の列が、ここはいつもイベントやってますね。。

Sugarspice10時過ぎその列を横目にPARCOの前を通ると、大きなポスターが数点目に入ってきた。パート3のシネクイントで上映している“シュガー&スパイス 風味絶佳”100%ラブストーリーと分かる(笑)ポスターのキャストを見ると、象の少年?柳楽優弥くん、沢尻エリカ、夏木マリ…。ん〜、土曜日、午後には事務所に入る予定だが、、ちょっと中途半端な時間だし、たまには映画でも見るか〜、と一人PARCOパート3に向かった。上映5分前、高校生くらいだろうか女の子とその母らしき二人がドアが半分しまりかけたエレベーターに急いで乗り込んできた。。8F、ここは名前こそ変わったが昔からインディーズ?を中心とした映画館があった(ロッカーズを見たのもここだ)。会場こそきれいになっていたが、なんとなく昔の面影が残っている。。

で、内容は…まあ、気になる人は実際見てくださいまし(笑)。山田詠美原作(樋口可南子を思い出す、笑)の、短編ラブストーリーですね。20才前後に誰もが?経験する“壁”。次に出てくる台詞を心の中で先に読んでしまうような展開ですが(笑)、妖艶熟女グループの(笑)夏木マリが、ちょっと見方によっては浮きますが(何せストーリーが純愛ものなので、笑)とてもはまり役で引締役になっています。。
朝一番のためか、ガラガラの席、前から4列目で見ていたが、上映後席を立ち後ろの出口に向かう途中客席を見渡したら90%10代の女性だった…(苦笑)。ちょっと場違い?だったかな〜。ロビーに出るとさらに、次の上映を待っている列を見ても同じ空気が。。頼むよ〜>誰に、?笑

Dsc00077さてさて、場所はパート1に。新規サイトの参考にとROGOSに寄る。いつもPARCO正面入り口からではなくハンズ並びの通りに面した“横口”から地下へ。入るとすぐ左手に“ROGOS GALLERY”がある。先日まではアトムのキャラクターが一面にあったような…。今日は一転、木枠に囲まれ過去に戻った世界が広がっている。入り口には“印刷解体 Vol.3 Last!”というポスター。文字印刷に使われていた活字の展示と販売、関連書籍やグッズなどの販売も行っている。その他、どちらかというと過去物の印刷、グラフィックデザイン、タイポグラフィーなどの関連書籍、昔のマッチのラベルも陳列されていた。懐かしい、というか今も引き継がれている時代ものの一つだ。

Kinokuniyabar土産にと(笑)活字2個と、文字系の書籍数冊購入した。デザインには必ず文字は不可欠だし、DTPの環境になってからは無意識にPC任せになっているところもあるし、また、西欧的なデザインには少々食傷気味にもなっているし、若い学生にこの辺りの授業も行っているし、今ひとつ“復習”をするべきかな〜ってたまたま訪れたROGOS GALLERYで思うのだった。。
Ta30
Starhotel

September 30, 2006 in デザイン, 文化・芸術, 日記, 映画 | | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2006

オランダの旅へ。

Velo3

Pen101愛読書の一つ「Pen」。10/1号は“オランダの旅へ”オランダはやはりオレンジカラーなんだな〜(笑)。オランダを代表する旬のデザインを各分野からピックアップしている。中でも当然目を引いたのは“自転車”。しかもフルカウリングのリカンベント“Velomobiel”社のラインナップが数台紹介されている。ネットや雑誌でも何度か見ているが、このPenでも取り上げられた。

見るからに笑みがこぼれてしまうク〜ルな(と見るかどうかは個人次第だが、笑)スタイリング。すべて手作りで作られているという。このVelomobielのサイト、ムービーもあり、走っている姿はどこか滑稽。リカンベントが走行しているのを初めて見た人の感覚のように(少なくとも私は)カッコいい、というより自然な笑みがこぼれてしまう。見たこともない姿勢で乗る自転車を大の大人が平然と街中を走っている。。(いい意味で)笑うでしょう〜(笑)。デザインって、こういう人間の無防備な心に入ってくるポジティブなものが“いい”デザインの一つの要素なんだろうな〜。。
Ta30

September 19, 2006 in デザイン, 書籍・雑誌, 自転車 | | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2006

“絵になる”1枚!

Fbw2kona

渋谷での「今日の1台(写真)」を、まさに“絵”に。。(笑)
Ta30

September 14, 2006 in デザイン, 写真 | | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の1台!「渋谷ハンズ前」

Dsc00063KONA
骨太、硬派系?MTBのKONA。ワイルドですね〜。乗っていた方もとてもワイルドでした。このアーミーグリーンとでもいうのでしょうか、太く、かすれたロゴと絶妙なマッチング。都会にもとても似合いますね。。

今週は体調が下がり気味で、鼻と目にその影響が出ている(苦笑)。そんな状況なのでムリせず久しぶりに家で1日休んだ。とはいえ、熱があったり、動けない訳ではないので、こういうときは感性にいい刺激を与えようと渋谷の“LOGOS”へ行った。ここはお気に入りの洋書屋さん。同じフロアーには“LIBRO”という国内の本屋さんがあって、両方とも分かりやすく配列され、センスも良く種類も豊富だ。。

Gdtw2で、LOGOSではアメリカ、オランダのGraphicDesign書2冊と、フランス、オーストラリアのインテリア系雑誌2冊、LIBROでは、国内の、やはりデザイン書3冊とパソコン系教本2冊を購入。。数時間で数万円が出て行った…。。帰りにはコンビニで珍しく男性ファッション雑誌(女性誌はたまに買います。趣味ではなく、デザインの参考としてね、笑)“HUGE”と社会派?雑誌“COURRIER Japon”を、無印良品のノートと帆布性のペンケースを購入。
この週末の読書、勉強?には十分の情報量になった。体調の回復に合わせてゆっくりとした時間を過ごしたいものだが…。。
Ta30

September 14, 2006 in デザイン, 自転車 | | Comments (5) | TrackBack (0)

August 24, 2006

今日の1冊!

Photogra200604ここ最近愛読書の一つ
“Photographica”2006 Autumn Vol.04号。秋葉原の会社まで納品があり行ったついでに、最近秋葉と言えばいつものヨドバシカメラへ(笑)。Macコーナーで外付けHDを物色していたら、すぐ横にちょっとした書籍コーナーがあって(この辺の陳列センス、けっこう考えてるよな〜、楽天などの“その他のお勧め商品”みたいな、笑)、デザイン、写真関連の雑誌が、その時事的特集記事と相まって新線な光を放っている(笑)。Mac+デザインと言えばMdN、益々ご健勝のこと。。

で、この“Photographica”写真に特化したデザイン書だ。つぼを刺激するのがうまいんだよね〜MdN。でも確かにいつの時代も勉強になりますよ。クリエイターの作品集的要素と技術的な指南書を兼ね備えた、その時代の“旬”を毎号取り上げている。色もきれいだしね〜。

で、肝心のHDはと言うと、最低500GB、できれば1TBっていうのかな?GBの上の単位。今G5の内蔵HDは160GBなんだけど、もう残り2GB位…。先のムービー編集なんかしていると途中保存が出来なくなるくらいまで来ている。。しかしな〜、きりないよな〜とか言いながらこれもいつの時代の課題なんです。。仕事すれば、作品作れば、お金もかかるんです〜。(笑)
Ta30
Line_2

Photographica Vol.04
Photographica Vol.04MdN編集部

インプレスコミュニケーションズ 2006-08-18
売り上げランキング : 8178


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

August 24, 2006 in デザイン, 書籍・雑誌 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2006

柄画

Garaga1 Garaga2京都の三年坂で買った“Garaga Pattern Card”。その名の通りポストカード型の、和柄デザイン集。パソコン用なんかにあるパターン素材集とは異なり、さすがに和、京都の味がそのまま手作り風に表現されている。。個人的にはあまりパターン化されたものは好んで使うことはないのだが、あまりに“ツボ”に入って来たので(笑)、其の壱、其の弐の2冊を衝動買いした。じ〜と見ていると(笑)なんか今までにないちょっとした刺激が生まれ、不思議とやさしい気持ちになってくる。。やっぱり“和”は和むな〜。
Ta30

May 11, 2006 in デザイン | | Comments (2) | TrackBack (0)

April 20, 2006

今日の「Google」

Google スタイル

April 20, 2006 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

BOOK1st

昨日は久しぶりに電車通勤をした。夜7時頃オフィースを出て渋谷に寄る。ハンズにパーテーション用の材料を仕入れに。在庫がなく注文になったのだが、ハンズを出ると携帯に先ほどのフロアーの人から連絡が入り、新宿店に在庫があるとのこと。。翌日(今日)新宿に行くことにした。

帰りにBOOK1stによりデザイン系書籍を3冊買う。おまけに自転車雑誌1冊。(ん〜どっちがおまけ?笑)
「広告」(博報堂)、「STUDIO VOICE」(INFASパブリケーションズ)、「iA interior ARCHITECTURE」(エクスナレッジ)、そして「BICYCLE NAVI」(二玄社)の4冊。※発行社の「株式会社」は省略。

1冊目の「広告」、いつも時代を広告の面からリードしている巨大企業博報堂の出版。有名アートディレクター、カメラマンなどデザイン系の多くを排出している名実共にトップ企業。その企業が発行しているまさに旬の雑誌。その今月号の特集は“時代が日本を向いている”。いわゆる“和”にスポットを当て内外からみる日本、また、その創造力。やはり一流どころを集め対話的、批評的に構成されている。グローバリズムばかりがもてはやされる時代に一石を投じる。。

「STUDIO VOICE」今月の特集は“00年代小説の読み方 今最も面白い小説150冊”。こちらはどちらかというとデザイン系バラエティー雑誌(というのがふさわしいかは別として、笑)、正統派、純文学の紹介ではない。アニメあり映画ありゲームありの特異系小説にスポットを当てている。独特の装丁もこの雑誌の好みのところ。。特集とは別に「DAVID LACHAPELLE」新作の紹介が載っていた。ご存知、80-90年代に大活躍したもちろん今でもスタイルを変えないアーティスト(Photographer)だ。以前ミラノで彼の作品展を見て、横尾忠則氏による装丁の写真集を買った。今でもそのスタイルは不動の存在感、インパクト、独特の色彩を放つ。新作も超お勧め。。

「iA interior ARCHITECTURE」はその名の通りインテリア系雑誌。特集は“住空間するカフェ・ショップのデザイン”こちらもやや“和”を取り入れたスタイルの紹介が目につく。通りいっぺんとうのコンクリート造りから様々なマテリアル、曲線、グラフィック、オブジェを取り入れ、コミュニケートする空間を提案する。。インテリア系デザインはグラフィックにない(もちろん重なる部分も大きいが)“空間的”バランスが常に存在していて、2次元に偏った思考を適度に揉みほぐしてくれる。。

「BICYCLE NAVI」今回は女性向け?特集が「このごろ、自転車に乗ってるカワイイ子をよく見かけるような気がする…」から始まる“いとしのバイシクルガール!”。表紙には、モデルと、デローザが日本の女性限定?に作ったという“DE ROSA MARIUCCIA”という最新モデルがピンク系に統一され飾られている。この雑誌は、「Car Graphic」という有名なビジュアル系自動車雑誌を発行している二玄社が“自転車チーム”を組んで出したものだ。その創刊当時のメンバーに、私が勝手に師匠と読んでいるU君がいた。当時のメンバーが集まる会に時々顔を出す機会があったのだが、自転車雑誌の中では独特のビジュアル色を放つキレイ系雑誌には見えない、泥臭い話がポンポン飛び出していたのにはとても興味深かった。。今でも「BICYCLE NAVI」愛読書(雑誌)の一つである。

ちなみに今読んでいる活字系(笑)書籍は「岡本太郎に乾杯」(新潮社)。彼のオフィシャルな面からプライベートまでその一貫性を、“彼の大ファン”と自ら称する岡本敏子女史が書き綴った、彼の言動に心温まる(かどうかはそれぞれだが)一冊。本の裏を見ると1,200-と鉛筆で書いてあるから古本屋で買ったのね。。定価は1,400円だからたいして安くなってないな〜、と今更。。

February 14, 2006 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2006

スーパー

ポジティブシンキング。「ちょっとした思い一つで仕事が面白くなる。…」

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」今日のゲスト、アートディレクター佐藤可士和氏の言葉。名前は知らなくても、街を歩いていれば必ず彼の作品に出会う。インパクトの強い際立った、情報が溢れ過ぎている中、シンプルで力強い突出したデザインがその存在感を示す。

面白かった話が、デザイナーがよく陥るところだが、以前、カッコつけててカッコ悪い!と言われたことに大ショックを受けて、、。それ以来しばらく方向に迷ったという。そんな時あるコピーライターとの仕事の中で、これはあるカメラマンも同じことを言っていたが、デザイン、広告は着飾るだけではなくて、自ら余計な物をそこから剥ぎ取り、最後に残ったもの、光った物が大事な物で、それをとことん磨き上げ尽くしていく。。

そして今、潔いもの、シンプル、、それらが新鮮なコンセプトとなり、それらが広告のコミュニケーションとして、見る人と繋がり記憶に残っていく。大量消費型情報の中、人の意識の中に出来上がってしまったバリアを一瞬でも突き破るのが、明確なコンセプトを持った“潔い”デザインだと言う。

確かに様々な垢に染まった時代に、それらが一つの突破口になることは確かなようだ。そして、なによりも大事なことは、それぞれの事に対して思考、行動する時、単純(シンプル)に“スーパーポジティブシンキング”で進んでいくことだ。。

January 31, 2006 in デザイン | | Comments (0) | TrackBack (0)