May 24, 2010

世界卓球2010 予選リーグ

5月27日 15:00〜

Flag_japan_vs_sbk
女子:日本 (4)vs スロバキア(26)3-0
---------------------------------------------------------
○藤沼亜衣(74)vs MARCEKOVA Viera(-)
○石川佳純(29)vs BALAZOVA Barbora(137)
○藤井寛子(60)vs HUDECOVA Sona(367)

女子予選グループD 最終戦
日本女子、グループ1位で決勝トーナメントへ


※開催日時は日本時間
※( )内の数値は世界ランキング

5月26日 15:00〜

Flag_japan_vs_ger
男子:日本 (5)vs ドイツ(3)2-3
---------------------------------------------------------
○水谷隼(11)vs OVTCHAROV Dimitrij(15)3-0
●岸川聖也(30)vs BOLL Timo(3)2-3
●吉田海偉(22)vs SUSS Christian(24)2-3
○水谷隼(11)vs BOLL Timo(3)3-2
●岸川聖也(30)vs OVTCHAROV Dimitrij(15)1-3

男子予選グループCの1位通過はドイツに決定!

Flag_japan_vs_rou
女子:日本 (4)vs ルーマニア(6)3-0
---------------------------------------------------------
○平野早矢香(14)vs DODEAN Daniela(19)3-0
○福原愛(8)vs SAMARA Elizabeta(26)3-0
○石川佳純(29)vs SZOCS Bernadette(112)3-0


Flag_japan_vs_esp
男子:日本 (5)vs スペイン(20)3-2
---------------------------------------------------------
●松平健太(40)vs CANTERO Jesus(283)0-3
●吉田海偉(22)vs MACHADO Carlos(84)2-3
○張 一博(153)vs CARNEROS Alfredo(165)3-1
○松平健太(40)vs MACHADO Carlos(84)3-0
○吉田海偉(22)vs CANTERO Jesus(283)3-1

男子予選グループC、日本は2位で決勝トーナメントへ

※開催日時は日本時間
※( )内の数値は世界ランキング

5月25日 18:00〜

Flag_japan_vs_tpe
女子:日本 (4)vs チャイニーズタイペイ(12) 3-2
---------------------------------------------------------
●福原愛(8)vs CHENG I-Ching (61)2-3
○平野早矢香(14)vs HUANG Yi-Hua(31)3-1
●石川佳純(29)vs CHEN Szu-Yu (277)2-3
○福原愛(8)vs HUANG Yi-Hua(31)3-0
○平野早矢香(14)vs CHENG I-Ching(61)3-2


Flag_japan_vs_den
男子:日本(5) vs デンマーク(12) 3-0
---------------------------------------------------------
○水谷隼(11)vs KONGSGAARD (212)3-1
○吉田海偉(22)vs RASMUSSEN Morten(307)3-0
○岸川聖也(30)vs BENTSEN Allan (80)3-1

※開催日時は日本時間
※( )内の数値は世界ランキング

5月24日 18:00〜

Flag_japan_vs_rus
女子:日本 (4)vs ロシア(21) 3-1
---------------------------------------------------------
●平野早矢香(14)vs TIKHOMIROVA Anna(101)1-3
○福原愛(8)vs NOSKOVA Yana(161)3-0
○石川佳純(29)vs MIKHAYLOVA Polina(178)3-0
○福原愛(8)vs TIKHOMIROVA Anna(101)3-0


Flag_japan_vs_cro
男子:日本(5) vs クロアチア(11) 3-0
---------------------------------------------------------
○水谷隼(11)vs KOLAREK Tomislav(300)3-0
○吉田海偉(22)vs GACINA Andrej(54)3-0
○岸川聖也(30)vs TOSIC Roko(100)3-1

※開催日時は日本時間
※( )内の数値は世界ランキング

5月23日 15:00〜

Flag_japan_vs_blr_2010
女子:日本 (4)vs ベラルーシ(13) 3-0
---------------------------------------------------------
○平野早矢香(14)vs PAVLOVICH Viktoria(34)3-0
○福原愛(8)vs PAVLOVICH Veronika(58)3-2
○藤井寛子(60)vs DUBKOVA Alena(211)3-0


Flag_japan_vs_hun_2010
男子:日本(5) vs ハンガリー(24) 3-1
---------------------------------------------------------
○水谷隼(11)vs PAZSY Ferenc(123)3-0
●松平健太(40)vs JAKAB Janos(81)1-3
○岸川聖也(30)vs KOSIBA Daniel(232)3-2
○水谷隼(11)vs JAKAB Janos(81)3-0

※開催日時は日本時間
※( )内の数値は世界ランキング

May 24, 2010 in 世界卓球2010モスクワ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2010

W杯、その前に、、

Racket今月23日から始まる「世界卓球2010モスクワ」
2010.5.23-5.30
世界卓球選手権(World Championships)は毎年、個人戦・団体戦と分けて、それぞれ2年おきに開催されている。

今年は日本もメダルの期待が高い団体戦(World Team Table Tennis Championships)。現在の世界ランキング日本(団体)は女子4位、男子5位と上位の位置に安定しているが、その上の壁が厚い。。
団体戦は過去最近、2006年、2008年と女子は銅メダル、男子も2008年に水谷くんの急成長もあって銅メダルを獲得している。

今回の日本のメンバーを見ると、女子は安定した?いつものメンバー、注目はなんと言っても昨年個人戦でTie Yanaを破った石川佳純だ。世界ランキングでは愛ちゃんの8位、平野早矢香の14位に劣る29位だが、ここ一番での勝負強さとゲーム中の集中力はメンバーでは最高。一番安心して見ていられる。愛ちゃんはメンタル的不安定さがない時はホント強いが。。

男子は若くしてエースに君臨した水谷くん、若手急成長株の松平健太くん。健太くんのゲームは見たことないけど、とにかく強いらしい(笑)石川県七尾市出身ということもどこか親近感あるし(笑)。注目したい。

ゲーム予定は、モスクワなのでもちろんTVで応援。日本戦はJ Sports(J Sports ESPN、J Sports 2)にてLIVEでほぼ全試合見ることができる。

SHINAGAWA DOME CINEMA”でも、どこかLIVE中継します〜(笑)

予選リーグ
----------------------------------------------------------------------
23日(日)15:00〜18:00 女子:vs ベラルーシ(世界ランキング13位)
23日(日)18:00〜21:30 男子:vs ハンガリー(24)

24日(月)18:00〜21:30 女子:vs ロシア(20)
24日(月)21:30〜25:00 男子:vs クロアチア(11)

25日(火)18:00〜21:30 女子:vs チャイニーズタイペイ(12)
25日(火)21:30〜24:30 男子:vs デンマーク(13)

26日(水)15:00〜18:00 男子:vs ドイツ(3)
26日(水)18:00〜21:30 女子:vs ルーマニア(6)
26日(水)21:30〜24:30 男子:vs スペイン(19)

27日(木)15:00〜18:00 女子:vs スロバキア(26)

決勝トーナメント
----------------------------------------------------------------------
27日(木)21:30〜24:30 男子:決勝トーナメント1回戦
27日(木)24:30〜28:00 女子:決勝トーナメント1回戦

28日(金)15:00〜18:00 準々決勝-1
28日(金)18:00〜21:30 準々決勝-2
28日(金)21:30〜24:30 準々決勝-3
28日(金)24:30〜28:00 準々決勝-4

29日(土)18:00〜21:00 男子:準決勝-1
29日(土)21:30〜24:30 女子:準決勝-1
29日(土)24:30〜28:00 男子:準決勝-2

30日(日)10:00〜13:00 女子:準決勝-2
30日(日)18:00〜25:00 決勝

Women_2 Men_3

(左)女子:First Stage (右)男子:First Stage
各グループ上位3チームが決勝トーナメントへ進む

May 15, 2010 in 世界卓球2010モスクワ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2009

かんどうです。。

「世界卓球2009横浜」女子シングルス2回戦
Tie Yana(10)vs 石川佳純(99)
卓球ニュースが少ない中、唯一日本に希望を持たせてくれた試合でしたね。

May 7, 2009 in 世界卓球2009横浜, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

GW その3 世界卓球2009横浜 & more..

5月5日(火)こどもの日
今年は横浜で行われた「世界卓球2009」決勝戦に。。


R0013909 R0013919_2 R0013935_2
午後3時から、シングルス女子決勝、続いて男子決勝の2試合が横浜アリーナで行われた。2月東京女子医大病院に入院中に、病室から(笑)ネットで予約しておいた決勝戦のチケットを持って、身近で唯一の卓球好きNくんと新横浜で待ち合わせ、世界トップの卓球を生で観戦。。

今回もやはり、ここ十数年続いている中国の牙城を崩せず中国人同士の決勝戦。ここ数年世界卓球に注目しているが、やはりここ数年世界ランキング1位を維持しているZhang Yining、国外に帰化していくベテランには脅威を感じないと言い放つが、中国国内では常に若手が台頭して、危機感を感じていたという。。愛ちゃんと同じ年の世界ランキング2位のGUO Yueの勢いも、中盤から封じ込め結果圧勝に終わった。。


Crw_2309_2 Crw_2325 Crw_2333
27歳(多少異なると思うけど)スポーツ界ではまさに旬の引き締まった身体に、バリエーション豊富な攻撃スタイルを持ったZhang Yining、まだ20歳そこそこ勢いだけの(ではないけど)若手にはまだ譲れないわよ〜と言っているかのような女王試合でした。。

個人的に大好きな(笑)TIE Yanaを破ったサースポーの石川佳純にはホント期待したいですね〜。でもね(ちょっと愚痴ですが、笑)TV東京、どうせ独占放映権を持つなら、前にも書いたけど、愛ちゃんに頼らずもっと真の卓球のおもしろさを“ちゃんと”伝えましょうよ〜!まあ、日本のこの辺は期待する方が…、なのは、わかっちゃいるけど〜、ね。。もっと個人的なことを言えば、この世界卓球横浜の期間中、すべて生放送して欲しいな〜。まあここはCSの役目なのかな。。

男子は、久しぶりに世界トップが見えたWANG Liqinが、やはりここ数年1位を譲らないWANG Haoに挑んだが、こちらは格の違いがもろ出ましたね〜。。



Img_2360 Img_2366 Img_2357
夜19時過ぎ、ここからはマイドーターの、年に一度の楽団発表会(らしい、苦笑)
中学生だがそのセンス才能に?(笑)急遽穴埋め的に呼ばれたらしいが、結構本格的な楽団でちょっとびっくりした。。江ノ島に住んでた頃の幼児期の姿と、成長のギャップが重なって(ここ数年一緒に暮らしてないけど、苦笑)急激に大人の世界に入って一線でがんばってる姿を見ると、ちょっとウルウルも入るけど、それよりも彼女の純な力強い感覚に感動。。

May 6, 2009 in 世界卓球2009横浜, 卓球, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2008

卓球女子シングルス決勝!

決勝戦(4-1)
Flag_chi_vs_chi
張怡寧 ZHANG Yining(1)CHI - 王楠 WANG Nan(5)CHI
-------------------------------------------------------------------------
8-11
13-11
11-8
11-8
11-3

-------------------------------------------------------------------------
金、銀、銅、男女とも中国独占でしたね〜。
ロンドン、そして東京?まで続くんでしょうか。。
来年は世界卓球は横浜で開催なので、前回同様、3位には入って欲しい。
ただ、来年は個人戦。日本はちょっと苦手なのよね。
まあ、先を見据えて一つひとつね。。

オリンピック、野球は…、
もう何も言う必要ないでしょう〜(苦笑)
WBCはぜひ、人気優先じゃなく、地味でも現場感覚の優れた監督・コーチになって欲しい〜!
もちろんイチロー、松井、松中もね。。

August 26, 2008 in Beijing Olympic, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2008

卓球女子シングルス準決勝

第1試合(4-1)
Flag_chi_vs_sin_2
張怡寧 ZHANG Yining(1)CHI - ジャウェイ・リー LI Jia Wei(6)SIN
-------------------------------------------------------------------------
9-11
11-8
12-10
11-8
11-5

第2試合(4-2)
Flag_chi_vs_chi
王楠 WANG Nan(5)CHI - 郭躍 GUO Yue(2)CHI
-------------------------------------------------------------------------
3-11
11-8
4-11
11-7
11-3
11-6

-------------------------------------------------------------------------
さあ今夜、なんか絵に描いたような新旧女王の決勝戦!
ZHANG Yining - WANG Nan
応援?もちろんマイラケット持って王楠ですよ〜(笑)

August 22, 2008 in Beijing Olympic, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2008

卓球女子シングルス準々決勝

第1試合(4-1)
Flag_chi_vs_sin_2
張怡寧 ZHANG Yining(1)CHI - ティアンウェイ・フェン FENG Tianwei(9)SIN
-------------------------------------------------------------------------
13-11
12-14
14-12
12-10
13-11

第2試合(1-4)
Flag_usa_vs_sin
●チェン・ワン WANG Chen(23)USA - ジャウェイ・リー LI Jia Wei(6)SIN
-------------------------------------------------------------------------
13-15
6-11
10-12
15-13
4-11

第3試合(4-1)
Flag_chi_vs_hkg
王楠 WANG Nan(5)CHI - 雅娜帖 TIE Yana(10)HKG
-------------------------------------------------------------------------
11-5
11-4
11-13
11-2
11-4

第4試合(0-4)
Flag_dom_vs_chi
●シェ・ウー WU Xue(50)DOM - 郭躍 GUO Yue(2)CHI
-------------------------------------------------------------------------
5-11
14-16
11-13
5-11

-------------------------------------------------------------------------
( )内は2008年8月世界ランキング

August 21, 2008 in Beijing Olympic, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2008

プレッシャーって、、

Racket「勝ちたいから感じるんであって…。」
by 愛ちゃん


北京オリンピック“卓球”の日程は13日〜23日
男子シングルス・女子シングルス・男子団体・女子団体
1ゲーム11点制の7ゲームマッチ(4ゲーム先取)

注目ですね〜。
メンバーは男子、韓陽・水谷くん・吉田氏ではなく岸川くん。。
女子は、愛ちゃん・平野・お〜じ〜さーぶの福岡。

2月に行われた世界卓球2008に続いて盛り上がりますかね〜(笑)
来年の世界卓球は横浜で行われるし、しばらくは卓球ネタは続く。。

August 5, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2008

準優勝!

Img_9056

世界卓球の興奮冷め止まぬ(笑)今週、目黒の友人と卓球ラウンジに行った。 彼は高校時代からの付き合いで、スポーツセンスはほどほどにいい。先日の卓球バーでのパーティーの話しをしていたので、その日彼から行こうと混雑している目黒を後にした。

中にはいるとすでに卓球台の周りに用意された様々な席は(同じテーブル、イスはない個性的なスタイル)8割方埋まっている。まだ誰も卓球をする気配はない。私たちもビールを一口二口、早速ラケット借り、彼にとって数十年ぶり感触を確かめるようにラリーを始める。

では、ゲームをということで、今回の世界卓球のルールそのまま(笑)結果は1-1のほぼ互角。マイラケット持ってくればな〜。。その後、他の客も次から次と始め出す。台は1つしかないので、適当なところで、次の人が準備を始め出すと、みな紳士的に譲る空気が出来上がっている。

ほぼ来ているお客さん一通りプレーし1時間も経った頃だろうか、店員さんの一人が客席を回り出し、なにやらそれぞれに話しかけている。私たちのところにも来て、これから店のスタッフチーム含め、お客さん同士のダブルストーナメントを始めたい、とのこと。参加費200円、優勝者はその賞金で全額頂けるというもの。。

もちろん断る人はいない。全12チームでのトーナメントが決まった。ダブルスなので、男女で組んだチームや女性同士、初めて試合をする人、卓球歴長そうな年配のハイレベルなチームなど様々な顔ぶれ。。半分近くが常連さんのようだ。準決勝までは1ゲーム先に6点とった方が勝ちと、あっという間に終わりそうだが、どうして、皆けっこう白熱したゲームが多かった。

我々は順当に準決勝まで進んだ。相手は若手男2人のチーム。トリッキーなスタイルで、お互い準決勝まで進んだだけあってけっこう巧い。我々もゲーム毎に慣れてきている。負ける気がしない(笑)。ゲームポイントとられたが、そこからデュースに持ち込み逆転。

決勝は、スタッフや他の客からも“師匠”と呼ばれている、先ほどの年配チームだ。決勝は1ゲーム11ポイント、国際ルールそのまま(笑)。ゲームは9-9までほぼ互角に進んだが、最後は私たちのミスが続き、11-9で敗れてしまった。

優勝を逃したことの悔しさより、ミスによって負けたことがお互いに納得いかなかった〜。まあ、彼にとっても数十年ぶりにやったことだし、結果はいいんだけど、やはり勝負にはこだわるようだ。。まあ、これで彼も卓球に填ることは間違いないだろう〜(笑)

March 9, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2008

男子決勝トーナメント

Mkt4
男子決勝(3月2日)

Flag_chi_vs_kor
中国 vs 韓国 3-0
---------------------------------------------------------
MA Lin(2)vs RYU Seung Min(8)3-1
WANG Hao(1)vs LEE Jung Woo(39)3-1
WANG Liqin(3)vs JOO Se Hyuk(12)3-0


男子準決勝(3月1日)

Flag_chi_vs_hon
中国 vs 中国香港 3-0
---------------------------------------------------------
MA Lin(2)vs LI Ching(11)3-0
WANG Liqin(3)vs TANG Peng(26)3-0
WANG Hao(1)vs CHEUNG Yuk(31)3-0

男子準決勝(3月1日)

Flag_japan_vs_kor
日本 vs 韓国 1-3
---------------------------------------------------------
吉田海偉(51)vs RYU Seung Min(8)3-0
水谷隼(29)vs LEE Jung Woo(39)2-3
韓陽(17)vs JOO Se Hyuk(12)3-2
水谷隼(29)vs RYU Seung Min(8)2-3


March 2, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2008

女子決勝トーナメント

Kt07
女子決勝(3月1日)

Flag_chi_vs_sin
中国 vs シンガポール 3-1
---------------------------------------------------------
GUO Yue vs LI Jia Wei(0-3)
ZHANG Yining vs FENG Tianwei(3-1)
WANG Nan vs WANG Yue Gu(3-0)
ZHANG Yining vs LI Jia Wei(3-1)


女子準決勝(2月29日)

Flag_japan_vs_sin
日本 vs シンガポール 0-3
---------------------------------------------------------
石川佳純 vs JIANG Huajun(0-3)
平野早矢香 vs TIE Yana(1-3)
福原愛 vs LIN Ling(0-3)


女子準決勝(2月29日)

Flag_chi_vs_hon
中国 vs 中国香港 3-0
---------------------------------------------------------
GUO Yue vs JIANG Huajun(3-1)
WANG Nan vs TIE Yana(3-0)
ZHANG Yining vs LIN Ling(3-0)


女子準々決勝4試合(2月28日)

Flag_japan_vs_han_2
日本 vs ハンガリー 3-0
---------------------------------------------------------
福原愛 vs TOTH Krisztina(3-2)
平野早矢香 vs POTA Georgina(3-0)
福岡春菜 vs LOVAS Petra(3-0)

Flag_hong_vs_aus_2
中国香港 vs オーストリア 3-2
---------------------------------------------------------
JIANG Huajun vs LIU Jia(2-3)
TIE Yana vs LI Qiangbing(3-1)
LIN Ling vs HEINE Veronika(3-1)
TIE Yana vs LIU Jia(0-3)
JIANG Huajun vs LI Qiangbing(3-0)

Flag_chi_vs_rom
中国 vs ルーマニア 3-0
---------------------------------------------------------
ZHANG Yining vs SAMARA Elizabeta(3-1)
GUO Yue vs DODEAN Daniela(3-1)
LI Xiaoxia vs HIRICI Cristina(3-0)

Flag_sin_vs_ned
シンガポール vs オランダ 3-0
---------------------------------------------------------
LI Jia Wei vs TIMINA Elena(3-0)
FENG Tianwei vs LI Jiao(3-2)
WANG Yue Gu vs LI Jie(負傷棄権)

28日(木)
27日1回戦4試合の結果が出た。各グループ2位と3位の試合だったが、次に日本と対戦するハンガリー以外は3位のチームが勝ち進んだ。日本にとっては奇しくも前回ブレーメン大会とまったく同じ組み合わせになった。ハンガリーがクロアチアを3-2で下し、日本がハンガリーに3-1で勝って準決勝進出を果たしている。準決勝ではTie Yana率いる香港に2-3で敗れている。。

今回、順当に行けば準決勝はシンガポール戦。前回の大会では予選グループリーグで対戦している。当時世界ランキング4位のLI Jia Weiを愛ちゃんが大接戦の末勝利し、福岡、金沢の日本が3-0で下している。
ただ、当時はチーム世界ランキング4位の日本に対しシンガポールは6位だったが、現在日本は変わらず4位だがシンガポールは2位と急浮上している(個人でもベスト10に2人)。さらに昨年のアジア選手権では準決勝で福原、福岡、平野いずれも敗れ0-3で敗れている…。苦戦を強いられる展開になるだろうが、前回同様3位ではなく、ぜひ決勝で中国との試合を見たい。。

27日(水)
世界卓球2008 女子予選グループリーグの試合が全て終わり、女子決勝トーナメントが決まった。
早速、本日20:30から1回戦の4試合全て行われる。
日本はクロアチアvsハンガリーの勝者と準々決勝で対戦。それに勝つと準決勝、順当に行けば世界ランキング2位のシンガポール戦だ。さらに勝ち進めば、決勝は中国vs中国香港との勝者か。。


March 1, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2008

男子 日本vsドイツ

世界卓球2008 男子予選リーグ一番の山場。格上のドイツ相手に、このグループ唯一1試合も落としていない日本がどこまで通用するか。。

Flag_japan_vs_doitsu

日本 vs ドイツ
日本は不動のメンバー、水谷、韓陽、吉田の3人
ライブスコアはこちら
---------------------------------------------------------
1試合目
水谷(29) vs STEGER Bastian(33)

ドイツリーグで活躍する水谷くん、手の内は読めているのだろう〜。いつもの豪快なプレーに期待。
1ゲーム目、中盤まで4:7で追う形だったが、徐々に安定感が増し形勢逆転、水谷11:8でゲーム制す。

2ゲーム目、やや速攻に押され9:11で奪われる。

3ゲーム目、STEGER Bastianのぺーすそのまま4:11。ゲームカウント1-2。水谷くんピンチ。

4ゲーム目、中盤まで互角。5:5 が、サービスリターンに苦しむ。後半粘ったが8:11で水谷くん敗れる

---------------------------------------------------------
2試合目
韓陽(17) vs OVTCHAROV Dimitrij(15)

1ゲーム目、安定感、重量感のある韓陽の11:3
2ゲーム目、11:6
3ゲーム目、11:5
圧勝でした。

---------------------------------------------------------
3試合目
吉田(51) vs SUSS Christian(37)

1ゲーム目、11:0 なんとストレート。
2ゲーム目、11:5
3ゲーム目、SUSS Christianようやくペースが出てきたが、、11:10
こちらも、後半競りましたが結果圧勝でしたね。

---------------------------------------------------------
4試合目
水谷(29) vs OVTCHAROV Dimitrij(15)
ランキングではOVTCHAROVが上だが、ほぼ同年代、過去この2人の対戦成績では3-1でリードしているようだ。さあ、先ほどの敗戦を引きずらず開き直って欲しい。。

1ゲーム目、ん〜、水谷くんサービスリターンに甘さがある。。簡単に3ボールで決められるケースが多い。4:4
一進一退、8:8
お互いミス、9:9
デュース、10:10
水谷くんリターンミス、10:11
OVTCHAROVもミス、11:11
最後もOVTCHAROVミスが続き13:11 水谷くん先取。

2ゲーム目、やや押し気味の水谷くん、6:3
ペースそのまま、11:8 水谷くん連取。

3ゲーム目、さあ、このゲームで決めたい。
いきなり6ポイント奪う。6:0、8:1、9:1、10:1
マッチポイントも相手ミスで勝利。

これで、このリーグ最大の強敵ドイツを破り、あとは格下セルビアを破れば文句なしの1位通過。女子同様、予選グループリーグ1位通過が現実的になった。。

February 27, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

女子 日本vsフランス

昨日の韓国戦、大接戦で勝利し予選リーグトップ通過が決まった日本女子、これで決勝トーナメントではシードが決まりベスト8が確定。その初戦に勝つと、組み合わせによって準決勝で中国と対戦することもある。まあここまでくるといつどの国と当たっても同じことかも知れないが。。

Flag_japan_vs_france_2

日本 vs フランス
日本のメンバーは平野、福原、(あねご)藤井の3人
ライブスコアはこちら
---------------------------------------------------------
1試合目
平野 vs XIAN Yi Fang

典型的なヨーロッパスタイルのカットプレー選手とのゲーム。
のらりくらり(ではないんだろうけど)のカットプレーから、時折フォアスマッシュを決めてくる。ちょっとやりにくそうだが、ゲームの流れ的には平野のペース。11:8、11:8と2ゲーム先取し、3ゲーム目も我慢のゲームだが、11:7、ゲームカウント3-0平野の勝利。まず日本の1勝。

---------------------------------------------------------
2試合目
福岡 vs GRUNDISCH Carole

ゲームカウント2-3愛ちゃん敗れる。日本1-1。

---------------------------------------------------------
3試合目
藤井 vs DESSAINT Aurore

ゲームカウント3-2藤井の勝利。日本2-1。

---------------------------------------------------------
4試合目
平野 vs GRUNDISCH Carole

フルゲームまでもつれたが、今大会絶好調、安定感抜群の平野、ゲームカウント3-2で勝利。予選リーグ無敗で決勝トーナメントへ。

February 27, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2008

女子 日本vs韓国

世界卓球2008 予選リーグ一番の山場、韓国戦始まりました。
団体世界ランキングでは中国、シンガポール、香港に次いで、4位の日本と5位の韓国。

Flag_japan_vs_korea

日本 vs 韓国
(ここからはLiveで、笑)
---------------------------------------------------------
1試合目
福原愛vsタン・イェソ
トップバッターは愛ちゃん。

1ゲーム目、愛ちゃん先制するも一進一退、白熱している。激しいラリーも早い打点で打ち返すタン・イェソに押され気味に…。力強いスマッシュに愛ちゃん追いつけず。
結局11vs5愛ちゃん1ゲーム目落とす。

2ゲーム目、左右に振り分け相手のミスを誘う。中盤タン・イェソもコーナーギリギリに早いスマッシュ。正確さでは愛ちゃんが上だが、、仕掛けの早さ、強打ではタン・イェソ。ここ最近のパワー卓球か。8:5愛ちゃんリードで終盤だが、8:8同点に追いつかれる。ちょっと切れ気味…。単調になってきて、逆転。激しいラリーも、、落とし、このゲームもタン・イェソ。

3ゲーム目、このゲームも前半は愛ちゃんペース6:2まで開くが、6:4中盤追い上げられて、思わず愛ちゃんタイムアウト。(1、2ゲーム目はこの辺りから逆転されている)
タン・イェソの作戦か、中盤以降、強打をバシバシ打ってくる。7:6
愛ちゃん、緩急つけるが通用せず。7:7
一進一退、9:9
…9:11
愛ちゃん0-3でストレート負け。。

---------------------------------------------------------
2試合目
平野早矢香vsムンヒョンジョン
実質日本のエース、平野。対するムンヒョンジンは王楠に一度勝っているという…。平野とは過去3戦、平野が勝っているらしい。

1ゲーム目、ムンヒョンジョンの緩急の差が大きくダイナミックなスタイル、相手のペースに填って、3:9まで差をつけられる。ん〜、終始ペース変わらず、結局4:11落とす。

2ゲーム目、ラリー続くも平野のミスが出る。
中盤、1:6
平野早い仕掛けで追い上げる、4:8
ミスが連続、4:10、後がない
5:11、日本ゲームが取れない。。

3ゲーム目、ミスはあるが思い切り強打で返す。
ラリーも互角になってきた。4:4
中盤初めてリード6:5
大きなドライブサーブなども決まり10:6
が、ミスが続き10:9まで追い上げられ、平野タイムアウト。
10:10…、
連取し平野このゲーム勝利。ゲームカウント1:2

4ゲーム目、前半から平野飛ばし、5:1
ムンヒョンジョンもコーナーギリギリつき返すが平野の強いスマッシュが光ってくる。7:3
相手のミスも出て流れは完全平野。10:3
11:4平野が連取。ゲームカウント2:2

5ゲーム目、いきなりサービスエース。
平野のサーブがとても生きている。
流れは平野、4:1韓国チーム初めてタイムアウトをとる。
止まらない、6:2
が、ここでミスが続き、6:5
お互い強打の撃ち合い、平野譲らず、8:5
激しいラリー、8:7
ベンチも祈る、10:8
11:8 平野Win!
ゲーム3:2逆転勝利!日本1:1で3試合目の福岡に続く。。

---------------------------------------------------------
3試合目
福岡春菜vsイウンヒ
過去の対戦成績は2-1で福岡が勝っているが、最近の試合はイウンヒらしい。

1ゲーム目、0:3も、お〜じ〜サーブでポイントとる。
緩急もうまくいって、4:4
相手のバックスマッシュ、4:6
うまさでは福岡、7:7
お〜じ〜サーブからポイント、9:7
連取され、9:9
またまた、お〜じ〜サーブからポイントで、11:9 福岡勝利!

2ゲーム目、序盤から一進一退、が福岡ちょっとミスが目立つ。2:6
イウンヒのペースもゲームメーカー福岡の左右の揺さぶり、8:8
ここで、お〜じ〜サーブでポイント、逆転 10:8
追いつかれ10:10デュース。
連取され福岡ゲーム落とす。ゲームカウント1:1

3ゲーム目、お互いのいいところが出て、3:3
しかし、福岡、前回の大会からゲームの幅が大きく広がった印象〜。
ラリーの攻防はイウンヒ、4:6
ミスも出始めたか、、4:8
6:8で韓国タイムアウト
初のお〜じ〜サーブミス、6:10
さらにリターンミス、6:11
2ゲーム続けて落とし…。ゲームカウント1:2後がなくなる

4ゲーム目、ん〜、イウンヒのペース。
2:4 日本のタイムアウト
強いスマッシュで返し、6:8
…マッチポイント、お〜じ〜サーブでポイント、7:10
スマッシュミス、7:11 福岡敗れる。

---------------------------------------------------------
4試合目
平野早矢香vsタン・イェソ
先ほど勝利したエース同士のゲームに。愛ちゃんにストレート勝ちしたタン・イェソ、中盤から力強さを見せた平野、さて。

1ゲーム目、先ほどのゲームそのまま前半から飛ばす平野、3:0
逆をつき左右に揺さぶり平野のペースをとめるタン・イェソ、3:3
またまた一進一退、4:4、5:5
速いラリー、平野力負け、6:9
逆に左右に決め、8:9
ミスも誘い、10:9 逆転
スマッシュ決まり、11:9 平野1ゲーム目先取。

2ゲーム目、始めから激しい打ち合い。
お互いミスが命取りに、我慢の中盤、6:6
ちょっと固いか平野、6:9、6:10
終盤はまったくのタン・イェソ、6:11
平野このゲーム落とし、ゲームカウント1:1

3ゲーム目、さあ、迷いを払拭するか、平野
逆に勢いが出てきたタン・イェソ、0:2
(次のゲームに備える愛ちゃん、イヤフォンで瞑想中)
お互いややミスが、4:4、6:6
平野逆転、8:6
ラッキーもあるが、10:6
最後はスマッシュ決まり、11:6
平野このゲームとり、ゲームカウント2:1

4ゲーム目、ここで決めたい。
ラリー平野制し2ポイント先取。2:0
空振り、2:2
気合いの連続ポイント、8:2、9:2、10:2
そのまま平野!11:2
ゲームカウント3:1で平野勝利!観客席のお母さん思わず涙。。

---------------------------------------------------------
5試合目
福原愛vsムンヒョンジョン
さあ、最終までもちこんだ韓国戦、最後は愛ちゃん、世界ランキングでは日本の最上位の愛ちゃん、意地を見せて欲しい。

1ゲーム目、愛ちゃん緊張気味か、、いきなり0:4
固い、素人目でもハッキリと。。0:6
1ポイントとるも1:8
相手バックにフォアハンドの強いスマッシュ、4:8
さあ、勢いに乗って2ゲーム以降に繋げるプレーを見たい。5:9、6:9
いいラリーが続くようになった、7:10、8:10
吹っ切れたが、時遅かった。8:11
でもこのペースで。。

2ゲーム目、先ほど終盤の勢いそのまま、愛ちゃん2:0
ペースに乗るとさすがに強い、11:4でゲームとる
ゲームカウント1:1

3ゲーム目、ちょっとした気持ちに左右される愛ちゃん、やや押され気味で試合が進む。3:6
4:6でタイムアウト
ミスが出るがラリーではしっかりとる。5:7
が、ミスが続き韓国チーム盛り上がる。6:10
愛ちゃん落とす。6:11
ゲームカウント1:2 さあ、後がない日本。

4ゲーム目、大きく腕が伸び、5:1
続けて決まり、7:2、8:3、9:3、10:3
11:4愛ちゃんのゲーム。
ゲームカウント2:2
しかし、相変わらず良い時と悪い時がハッキリしているが、愛ちゃんのペースになるとさすが世界ランキング9位の迫力はある。

さあ、ホントの最後のゲーム。

5ゲーム目、いきなり押され、1:3
思わずタイムアウト
左右に大きく、2:3
愛ちゃんには珍しい?我慢の一進一退、4:5、5:6
サービスエース、6:6
相手ミスで逆転、7:6
愛ちゃんの届かないギリギリ、7:7
また、逆転、7:8
バックスマッシュ、8:8
相手ミス、9:9
スマッシュ決められ、9:10
すげ〜、10:10
愛ちゃんスマッシュ、11:10
サービス決まり!12:10 愛ちゃん勝利!日本の勝利!
愛ちゃん、福岡、平野みんな涙。。
このプレッシャーの中、久しぶりに愛ちゃんの強さ、出ましたね〜。
これぞ団体戦の醍醐味でした。。

February 26, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2008

女子 日本vsチェコ

今日は終日外出なので、午後の女子の試合はLiveで見られないけど、チェコ戦は3-1で日本が勝ったようだ。しかもこのメンバーには福岡選手に替わって石川選手(2-3で敗れた)が出場したようだ。

女子、今日はダブルヘッダーで20:25からオランダ戦もあるが、、見られない。。深夜のニュースが楽しみ。

February 25, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

男子 日本vsフランス

昨日から始まった世界卓球2008広州大会。

男子、女子ともストレート勝ちしたリーグ初戦から一夜明けた今日の2試合目は男子はフランス戦。昨日と同様水谷くんがトップバッター。ベテラン相手に3-1で勝利。今日のメンバーも昨日と変わらず、韓陽、吉田選手と続く。この2人は共に中国から帰化した実力選手。ゲームの安定感からすると最年少18才水谷くんが上のような気がする。。ともあれ、予選リーグ、日本がトップで通過することを願うが、今のところ順調だ。さて、男子は28日(木)まで続く。

今日の女子は13:55からチェコ戦。昨日のイタリアとの初戦、安定感抜群だった平野、それぞれ1ゲームずつ落としたが後半は安定していた愛ちゃん、お〜じ〜サーブ健在の福岡、今日もいいゲームを期待。石川も見たいところだけど、どのメンバーで臨むのか、こちらも楽しみだ。。

February 25, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2008

前夜祭?

24日から始まる世界卓球2008。
J-Sportsでは前大会の2006年ブレーメン大会を再放送している。
今日の10:00からは女子決勝、中国vs中国香港の試合。

試合前には場内にデビッドボウイのチャイナガールが流れている(笑)
まあね〜。。

しかし、世界ランキング1位のZHANG Yining、改めて圧倒的な強さですね。
過去、中国香港の選手は一度も彼女には勝ったことがないという。
今年の大会、中国の牙城を崩すことができるのか、一つの見所だが…。

February 21, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2008

世界卓球2008 予選リーグ

2月24日(火)〜3月2日(日)中国 広州

女子(Group D)-----------------------------------------------
Flag_japan_vs_italy2月24日(日)20:25
日本vsイタリア

Flag_japan_vs_cheko2月25日(月)13:55
日本vsチェコ

Flag_japan_vs_orand2月25日(月)20:25
日本vsオランダ

Flag_japan_vs_korea2月26日(火)10:55
日本vs韓国

Flag_japan_vs_france2月27日(水)13:55
日本vsフランス

男子(Group C)-----------------------------------------------
Flag_japan_vs_slovak2月24日(日)17:25
日本vsスロバキア

Flag_japan_vs_france_22月25日(月)10:55
日本vsフランス

Flag_japan_vs_rosia2月26日(火)20:25
日本vsロシア

Flag_japan_vs_doitsu2月27日(水)17:25
日本vsドイツ

Flag_japan_vs_serbia2月28日(木)10:55
日本vsセルビア

2008世界卓球選手権 広州大会(団体戦)

February 20, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2008

世界卓球2008

さあ今週末、待ちに待った卓球のワールドカップ「世界卓球2008」が、今年は本場中国で始まります。個人戦、国別団体戦を交互に開催していて、今年は国別団体戦。昨年のクロアチアでの個人戦、日本勢はいいところなかったけど、団体戦はけっこういいところまで行くので、一昨年同様、ちょっと盛り上がってみようと思う(笑)

特に今回は、男子日本の高校生水谷くんに注目。ドイツリーグで修行?しているサースポーの、ランキングこそまだまだだけど、先日国内で行われた大会では、今回日本代表メンバーの先輩格選手に競り勝ち優勝している、若手超有望株選手。。

男女とも予選グループ各6チーム総当たり戦から始まって、上位3チームが決勝トーナメントに進む。日本女子はDグループ「日本・韓国・オランダ・イタリア・チェコ・フランス」、過去の実績でいえば1位通過は間違いないんだけど、まあ、勝負はね。。男子はCグループ「ドイツ・日本・フランス・ロシア・セルビア・スロバキア」このグループはやっぱりドイツ。ヨーロッパ勢けっこう強いので、男子は予選から白熱したゲームに期待。
でも何だかんだ言って一番の楽しみは女子、中国のWang Nanと香港のTie Yanaのプレーには変わりない(笑)

そうそう、先日念願の(笑)卓球バーに行ってきた。中目黒にある超隠れ家的なオシャレなお店で、某大手音楽関係者主催のパーティーだったので、当日集まったそのスペースキャパを遙かに超える人数のため、残念ながら卓球自体は出来なかったが、気になっていたお店だったのでそれだけでも十分楽しめた。マイラケット持参で行こうか直前まで迷ったが、持って行かなくてよかった。。(笑)

February 18, 2008 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2007

世界卓球選手権

個人戦、団体戦それぞれ1年おき交互に開催されている。

今年(2007)は5月にクロアチア行われた個人戦、来年は2月に中国・広州で国別団体戦が行われる。
(2月といえば、マラソンですね)
個人戦日本勢は散々だったが、団体戦は2006年に準決勝までいき、その相手香港に後一歩のところまでいった。
来年はその団体戦が2月に本場中国で行われるので、今からとても楽しみにしている。

今日の午後、TV東京でその特別番組が放映されるようだけど、番組紹介見ると…、またスポーツの純粋性を歪めるような(笑)内容がとって見れる。なんで、こうなるのかな〜って、視聴率絶対主義は分かるけど、せめてTV東京だけはがんばってよ。と思うのは私だけではないと思うのだけど…。

まあ、大会が始まると、J-Sportsでも放映されるので、こちらで楽しめばいいんだけど。ほぼ全ての試合見られるしね。また、トーナメント表作って、参加する国旗のアイコン準備して、誰も見ない一人ブログ実況中継しながら暗〜く楽しみます(笑)
でもこれって、卓球の技術的、精神的な部分の勉強になるし、国別なので、そのスタイルの違いなど詳しくなりますよ〜。卓球ファンは今から各国の情報を集め、今から準備してぜひお試しあれ(笑)

今日いっぱいこの雨は降り続くよう…。


番組見終えて…
ん〜、ビーチバレーの番組と変わらないですね(笑)
結局相も変わらず一人にスポット当て、アイドル人気にあやかろう〜と。
いいんですけどね。。
でもさ、ムリがあるよね。ムリを続けると結果反対の方に向くでしょう。
ワールドカップの、WANG NanやTie Yanaなど実力者のゲームを流してくれた方が、世界との実力の差がわかって視聴者も卓球の意識レベルが上がっていいと思うんだけどね。

バレーボール、ビーチバレー、ボクシングでも、強い試合みたいしさ。
ゴルフの横峰さくら、ある意味アイドルかも知れないけど、毎回ファッション見てる訳じゃないでしょ。メディアに出てもプロ意識あるし。。ブレない意識を持っている。
先々週行われた富士通レディースの大逆転劇のように、期待取りのここぞとの一番を見せてくれるんですよね〜。当然毎回そうはいかないけど。

まあ、メディアに乗ってしまって勘違いするのも、確かに本人の意識だし、そこまでの選手なんでしょうかね。。
ちょっと前までは、野球選手に多かったけど。。
最近は更正して?メディアもつまらない(視聴率とれない)と思ったのか、他のスポーツばかり持ち上げている。まったく、と思いながら、、
しかし、バレーボールはしつこいね。
あの監督も懲りないというか、反省がないというか、頭が固いというか。。
当分、世界では期待できないですね。

しかし、この雨、全然衰えないというか、本格的な雨に。
天気図見ると、関東はすっぽり雨雲の中心に、しかもこれから台風の影響も出てくるらしい。表の大型スクリーン(単なるコンパネだけど、、)装着したままなので、風が強くなる前に外さないと。日本シリーズ見ようと思ったけど、この天気ではムリね。。

October 27, 2007 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2007

ワンナン

サースポーの、そして私のマイラケットにもその姿が刻まれている(笑)王楠。先日、千葉ポートアリーナで行われたITTFプロツアーVolkswagen Openで優勝しましたね。前回のアテネオリンピックで優勝した、現在不動の世界ランキング1位の張怡寧を接戦の末破った。

ITTFって、サッカーでいうとFIFA、野球でいうとMLB、テニスはATP・WTA、ゴルフでいうと…こちらはよく知りませんが、とにかくそのスポーツでの世界で一番大きな組織ということですね。卓球はこのITTF主催の毎年数十回世界各地で行われている大会の戦績によって世界ランキングが毎月決まっていきます。

今回は日本は千葉で行われた大会、近くだったのでぜひその勇姿を見たかったが、週末(月曜日の朝まで)にかかってしまった超タイトな仕事に集中していたために、結局翌日の新聞で知った。日本でのメジャー大会の時は仕事と重なる時が多い。なんとか現役引退するまでは一度生で見たいものだけど。。もちろんワンナンモデル持参で(笑)野球観戦じゃないって。。

でもさ、分からないよね。客席に飛んできたボールを皆マイラケットで打ち返すのが楽しみになったり。。
「昨日東京ドーム行ってさ、イ・スンヨプのホームランボール捕っちゃったよ!」
じゃなく
「昨日横浜アリーナ行ってさ、王楠のミスショット打ち返しちゃったよ!」
…アホ?(笑)

野球だって、人気が絶頂期だったころは、観客席に飛んできたファールボールは係員に返さなくちゃいけなかったんだからね(ホームランは貰えた)。それがファンサービスの一環?で持ち帰れるようになった(はず)。

卓球も、愛ちゃん一人に頼らず、新人の石川…をムリに持ち上げず、民放テレビ放映では熱血派タレントにムリな演出をさせず(笑)、いろいろな意味でファンに対するサービスをして欲しい。特に会場まで足を運んでくれた人には当然のこと。

いいじゃないですか〜。これで、活躍の場を失っている、部屋で埃をかぶったままの“マイラケット”が復活します。ラケットも喜ぶことでしょう〜。特に季節は梅雨、ケースの中のジメジメした環境から、親元の勇姿を見られ、また、そのボールを打ち返すことができる。これこそ、このラケットが世に出たホントの意味になるでしょう〜。
(え〜、次回は、ボーリングのマイボール、マイシューズの活用方法についてをお送りいたします。笑)

…、なんか白日の妄想?もここまでいくと、ちょっと危ない?(週末の仕事で壊れたか?笑)…、自分ではそんなことはないと“真剣に”思ってますが。(笑)

June 26, 2007 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2007

Wang Nan vs Tie Yana

Wangnantieyana

2006年の国際試合、You Tubeサイトにて。
マイラケットでもお馴染み(笑)、同じサースポーのWang Nan、プレーで参考にさせていただいてます。女子のスタイルといっても世界レベルですからね。男子なんてとてもとても、素人の男にはまったく別次元の人に見えるプレースタイル。

テニスにもいえてますね〜。ナダルのスタイルはやはり唯一のもでしょう。氏に比べれば基本スタイル(に見える)フェデラーも当然実はまねできるものではなくて、まあ、イチローしかり、自分のスタイルを“理解”し極め努力できる人が秀でてくるんでしょうね〜。

June 17, 2007 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2007

世界卓球2007

先週末まで行われていた世界卓球2007。
結果、日本勢は愛ちゃん、平野早矢香の3回戦進出までが最高。2人ともルーマニア、ヨーロッパ勢に負けてしまった。確かにヨーロッパのスタイルもロングストロークから速攻型に変わってきてますね。個人戦はまだまだ壁が厚い。けっこう期待していた福岡春菜も2回戦で敗退。14才の石川佳純はシングルスには出ないでダブルスのみ。まだコンビネーションがうまくいきませんでしたね。。
ちなみにTIE Yanaも2回戦敗退…。

この世界卓球、2003年からは毎年、個人戦、国別団体戦を交互に開催しているようだ。昨年はけっこう盛り上がったんだけど、今年の個人戦はイマイチだった。個人的に。。
朗報と言えば(笑)、王楠がダブルスで優勝したのと、世界ランキングが2位になっていること。若手台頭の中国の中ですでにベテランの筆頭になっている王楠、昨年までは6位とこのまま時代も終わりかと思っていたが、まだまだ。ただ、シングルスでは同じ中国の李暁霞 LI Xiaoxiaに準々決勝で敗退。

気の長い話だが、来年は団体戦、昨年同様Liveで(笑)楽しみたい。

May 30, 2007 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2006

スポーツの秋ですね。

と言っても自分でやるわけではなく、観戦の話、しかもテレビで…。久しぶりの卓球。「ITTFプロツアー・ジャパンオープン2006」こちらも行きたかったな〜。今週、横浜で行われていて今日がファイナル。もちろん目当ては王楠とTIE Yana(笑)。その直接対決を(ダブルスだが)見ることが出来た。コンビネーションバッチリのTIE Yana香港チームに対し、今回が初パートナーらしい王楠の中国チーム。まったくリズムが掴めないままTIE Yana香港チームの優勝。日本勢シングルスは福岡春菜のベスト4が最高で、ダブルスも愛ちゃんチーム、やはりベスト4だった。(王楠の中国チームに破れる)

ゴルフの藍ちゃんは2連続優勝を果たし、大相撲は朝青龍が優勝したが、高校野球の秋の東京大会、早実まさかのブロック敗退。しかも都立校に破れる。勝った方のチームは大喜びでしょうね〜。。さらにプロ野球では巨人の桑田が2軍で最後の?先発、5点を取られ敗戦投手に。試合後のインタビューでは巨人を去り、他の球団で現役続投を希望するという。「自分を必要とするところへ行くことが“プロ”としての姿勢でしょう〜」何をいまさら、と思ってしまう。。まず獲るところはないでしょうね〜。楽天?いやいや野村監督は必要としないでしょう。可能性としてはオリックス(笑)。また、KKコンビを再演?もういいでしょう〜。

最後は“世界自転車選手権2006”ザルツブルグ(オーストリア)で行われ現在J Sports生で放映されている。今日の東京のようにとても天気良さそうだ。やや山岳地帯、選手のジャージの半袖はわかるが、沿道の観客もほぼ半袖を着ている。まだ、暑いのかな。。実況はツール・ド・フランスでもお馴染みのSascha氏。軽快なしゃべり口けっこう好きです。明快体育会系の白戸氏は今日はいないのね。ちょっと落ち着いて見れるかも(笑)
Ta30

September 24, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (1)

August 11, 2006

愛ちゃん優勝ならず。

全国高校総体の卓球女子シングルス決勝で愛ちゃんが負けた。優勝したのは宇土弘恵氏で同じ高校3年生。愛ちゃん日本では無敵と思っていたので意外な結果だった。気になる宇土弘恵氏、早速ネットで調べてみると(笑)、7月に行われた「世界ジュニアサーキット」に日本代表のメンバーとして堂々準優勝をしている。世界2位である。リザルトを見ると中国や香港は参加していないようで本当の?世界ランキングというものではなく“アマチュア”の世界においてだ。。

しかし、とにかく世界の愛ちゃんに堂々4-0のストレート勝ちだった。日本もバレーボールのように変にマスコミが煽り、愛ちゃん一人にスポットを当てズレたイメージを作ることなく、先の卓球のワールドカップ「世界卓球選手権2006」で活躍した福岡春菜や金沢、さらに今回の高校生宇土など、若手などが今後世界で活躍していくと、次回横浜で行われる「世界卓球選手権2009」大いに盛り上がることだろう。。TIE Yana期待しています〜(笑)

TIE Yanaや金沢が、中国からそれぞれ香港、日本へと帰化したように、世界再変遷があるのかも知れませんね〜。WANG Nan(王楠)はその時現役は引退していて、中国の監督になっていることだろう(笑)。こちらも期待です。
Ta30

August 11, 2006 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2006

世界卓球選手権2006 再び

Flag_china_vs_taiwan_1女子決勝
中国vs中国香港

やっぱりZHANG Yining強すぎる。結局卓球って早い段階から決めた方が有利になるようだ。相手に打たせないで自分が決める。単純そうだが、技術はもちろん、精神的プレッシャーを与えながらのゲームを支配できるかがポイント。あっさり3ゲーム取り世界No.1 ZHANG Yiningの勝利

第2試合は世界のアイドル?香港のエースTIE Yana、やっぱりかわいい〜(笑)。しかも世界ランキング2位のGUO Yueに対し終始リードしている。。フォアのスライスからバックのスマッシュとビシビシ決める。このバックハンドスマッシュは世界ナンバーワンかも知れない。フォアはいまいちだけどね。バックのTIE Yana、フォアのGUO Yue。スマイルのTIE Yana、終始目を吊り上げているのGUO Yue(笑)。ゲームカウント2-1でリードされたGUO Yueも20-20と粘るが…最後は2点連取されTIE Yana勝利!

つづく…

WANG Nan(王楠) vs LAU Sui Feiのゲーム。王楠続けざま連取されるが、その後徐々に落ち着いたプレーで3ゲーム連取し、元女王の意地を見せる。。速攻型ではなくスピード感もそんなに感じられないが、ここぞという時の左右のコントロールで相手を徐々に自分のペースに引き込んでいく、どちらかというとスロースターター型(?)。相手の外に逃げて行くドライブは誰も止められないかも知れない。。世界ナンバーワンのZHANG Yiningの超攻撃型とは異なるタイプだ。しかし、このレベルまで来ると、皆さん何かしら得意技(決め手)を持っている。先のTIE Yanaのバックハンドスマッシュしかり。。

第4試合はエース同士の対決。第2試合で唯一中国からゲームを奪ったTIE Yanaが、世界ナンバーワンのZHANG Yiningに挑むが、11-8、11-3、11-3とあっさり決められてしまう。このゲームTIE Yanaから笑顔は消えていた。。

結局この大会、中国が落としたゲームは先の第2試合のGUO Yueだけだったようだ。圧倒的な強さだ。近々その中国を破るのはどこの国でしょうか〜。しばらくマイ卓球ブ〜ムは続きそうですが(笑)、今回の大会、特に団体女子のゲームでとても勉強になった(ような気がする)。さあ、次はいよいよ渋谷の大会に初参加するのが楽しみだ。。もちろん“王楠モデル”で〜。(笑)
Ta30

May 18, 2006 in 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2006

世界卓球選手権2006 男子決勝 中国vs韓国

Flag_china_vs_korea 


男子決勝/中国vs韓国 @ブレーメン
-------------------------------------------------------------------
○WANG Hao(3)中国 vs ●OH Sang Eun(7)韓国 3-0
-------------------------------------------------------------------
○WANG Liqin(1)中国 vs ●RYU Seung Min(8)韓国 3-2
-------------------------------------------------------------------
○MA Lin(4)中国 vs ●LEE Jung Woo(22)韓国 3-0
-------------------------------------------------------------------

May 1, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

決勝 中国vs中国香港

Flag_china_vs_taiwan_1申し訳ございません。Live中継 from Dome都合により出来ませんでした。。(苦笑)結果だけ報告いたします。。

女子決勝/中国vs中国香港 @ブレーメン
-------------------------------------------------------------------
○ZHANG Yining(1)中国 vs ●LIN Ling(12)中国香港 3-1
-------------------------------------------------------------------
●GUO Yue(2)中国 vs ○TIE Yana(8)中国香港 1-3
-------------------------------------------------------------------
○WANG Nan(6)中国 vs ●LAU Sui Fei(14)中国香港 3-2
-------------------------------------------------------------------
○ZHANG Yining(1)中国 vs ●TIE Yana(8) 3-0
-------------------------------------------------------------------

Pingpong_03l

May 1, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 30, 2006

世界卓球選手権2006 女子団体 総括

ちょっと早いけど、手短に(笑)。日本はエース福原を筆頭に、キャプテンの藤沼、中国から帰化した金沢、変幻自在の“お〜じ〜サーブ”の福岡、世界ランキング日本で愛ちゃんに次ぐ28位の平野のメンバーで臨んだ。それぞれの特徴が出ていて準決勝まで進んだが、やはりこの上に世界の壁が待っていた。

少しズレるかも知れないが、サッカー日本代表の中田がよく言っている、技術もそうだけど、“アイデア”勝負というところを今回の卓球日本代表にも感じた。確かに技術レベルではほぼ互角だろう〜。でも、香港戦何かが足りなかった。正統派?の日本のプレーに対し、緩急で前後に変化をつけ左右に振り、ここぞという力強いスマッシュを打ってくる。日本はなかなか対応できなかった。

後の中国のプレースタイルも似たような印象を受けた。台から離れた後方からのカットプレースタイルのヨーロッパチーム、それぞれに特徴がある。エース愛ちゃんは精神的調子の善し悪しが素人の私にも目に見えてわかる。この辺りも大きな課題ではないかな〜。下位チームは感情むき出し、いわゆるキレる。当然キレた方が負けだ。相手の思うつぼである。それよりも相手の裏をかくしたたかさが欲しい。

先のサッカーではブラジルの個人技+アイデアに富んだパスワーク&パワースタイル。卓球では同じように中国と、なにか共通するものを感じて止まない。。日本も卓球に限らず、独自のアイデアをもっともっと出して、特に若い人は“右脳”をたくさん刺激して(笑)、柔軟な発想を持ってくださいませ〜。それでは、また、女子決勝戦でお会いましょう〜。(笑)

April 30, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

Championship Division - WP1-8

Pingpong3l_1
世界卓球選手権2006 女子団体も残るは決勝のみ(5位決定戦1試合残ってるが)。今夜8:00からJ Sports生中継(女子決勝は23:00頃からのようです)、仕事が順調に進んだらですが(苦笑)、今夜もLive中継 from Domeお楽しみください〜(笑、見てないって?)。私は王楠モデルのラケットを手に(あ、Bar320に置きっぱなしだった…)王楠の応援です〜。

今回なんでこんなに燃えているかというと(笑)、直前に、K氏と渋谷で卓球ガチンコ勝負をすることになったことがきっかけで、卓球に目覚めてしまったのです〜(笑)。Jamaicaでジャマイカ人とやって以来(笑)十数年ぶりの卓球、やりたいな〜とは思いながらも、なかなか機会もありませんでしたが、先日の渋谷が、その機会だったのでしょう〜。

スポーツは、バスケを除いた(一度ボールを鼻に当て、鼻血が出てから嫌いになった、笑)球技は好きなので、しかも卓球は思ったより身近に場所もあるし手軽なスポーツ(娯楽)です。渋谷の卓球場に関しては貸しラケットも無料だし、女性には貸し靴も出してくれる(履くかは自由ですが、笑)。要するに身体一つあればそのまま出来るのです。

また、Live中継(笑)でも書いたように、技術的なことも重要だけど、精神的な変化で瞬間的にゲームが大きく左右するスポーツです。まさに“禅”の境地に入っていく、ある意味マラソンに似て一線を過ぎるとナチュラルハイ的なトランス状態を体験できるのではないでしょうか〜(笑)。さらに極めていくと中国五千年の歴史の遥か前から存在する肥沃な大地と目の前の卓球台が同化して見えるのではないでしょうか(笑)。試合前のラリー練習含め、トップアスリートたちを見て、ふとそんな妄想もしてみたり。(笑)

今大会、実は中国の卓球を見ることにあった(特に王楠)。世界一のプレーの謎を解き明かすため(笑、ホントかい)ナンバーワンのプレーを見る。卓球って身近でしょ。例えばゴルフのようにタイガーウッズを研究するよりとても身近に感じる(気がするだけだが、笑)。目指すのではなくて、その精神的肉体的“快感”を身近に感じれるのではないかな〜って。スポーツってある意味快感(喜び)でしょ。勝つ快感、達成する快感、一体感になる快感、涙する快感、、などなど(笑)。。

さあ、GW、私は仕事ですが(苦笑)、みなさん、いい天気の中、この大会のイメージそのまま卓球で(笑)心身共に喜びを与えるのもいいのではないでしょうか〜。

April 30, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2006

女子準決勝 中国vsベラルーシ

Flag_china_vs_belarus世界卓球選手権2006 女子団体準決勝 第二試合
Live中継 fron Dome 
GUO Yue(2)vs VICTORIA PAVLOVICH(15)
さあ、7連覇に向かって中国軍団の準決勝が始まった。ドライブスタイルの世界2位GUO Yueに対し、ヨーロッパスタイルのコートから遠く離れたカットプレーのVICTORIA PAVLOVICH世界15位。プレースタイルが完全に異なる両者、中盤まで互角に進んでいるが、後半GUO Yue連取し10vs6であっさり先取。
ところで中国系の名前って、このGUO Yue、中国名は郭躍(読み方:カクヤク)。しかし、ややこしいな〜(笑)。
と言う間にGUO Yue2ゲーム先取。3ゲーム目の中盤、VICTORIAが6vs3とリード、どこまで守れるか。。
お〜、11vs9でVICTORIA PAVLOVICHがこのゲーム返した。世界2位から奪った1ゲーム。会場はかなり盛り上がる。開催国ドイツ、やはり同じヨーロッパ勢を応援するのだろう〜。第4ゲームもほぼ互角だが、やはりミスが出た方が負ける。結果11vs6GUO Yueの勝利。順当に中国が先取。

ZHNG Yining(1)vs VERONIKA PAVLOVICH(78)
中国のエース登場。王楠から女王の座を奪いここ数年のチャンピオン。相手はランキング78位、やはり序盤から差が出ている。しかしZHNG Yiningどんな玉でも返していく。これが世界ナンバーワンの実力か。。時折決められるがミスはない。あっさり11vs4で1ゲーム目先取。
2ゲーム目、ZHNG Yiningややミスが出て11vs7で勝利。もうこうなると、見ているものとしては、勝ち負けよりVERONIKAが何点取れるか、いかにいいプレーが出るかを注目する。
第3ゲーム、期待に反し、やや一方的な展開に。それでも何度かはスマッシュが決まりネットインラッキーも続いてあり7点取ったが、ここでゲームセット。3vs0でZHNG Yiningの勝利。さて、次はいよいよ待ちに待った(笑)王楠だ〜。。

WANG Nan(6)vs T KOSTROMINA(67)
さあ、始まった。ここはじっくり見ることに(笑)。と思ったら間もなく11VS2であっさりWANG Nanが先取。勢い、スピードではZHNG Yiningの方が上に見えるが、安定感、風格?はWANG Nanが上かな〜。
2ゲーム目、差はどんどん広がって行く。ちょっと格が違いすぎる。このゲームも11vs4とWANG Nan。3ゲームも圧勝で順当に中国決勝進出。もしかしてグループリーグから1ゲームも落としていない?強すぎだね〜。。あ、この第一試合でGUO Yueが1ゲーム取られていた…。自分で書いてて(苦笑)。。

April 29, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

女子準決勝 日本vs香港

Flag_japan_vs_hongkong世界卓球選手権2006 女子団体準決勝
Live中継 fron Domeです〜(笑)
福原愛(17)vs LIN Ling(12)
第一試合は日本エース愛ちゃんと世界ランキング12位のLIN Lingのゲーム。愛ちゃん2ゲーム先取の3ゲーム目、スライスに時折強いドライブを混ぜながら変化を出してくるLIN Lingが1ゲーム返す。4ゲーム目はその強いドライブも通用しなくなり、愛ちゃんの勝利。かなり安定感が増してきている。。とにかく、まず、落とせないゲームをしっかり取った。

金沢咲希(43)vs TIE Yana(8)
第二試合は、同じ中国から帰化した選手同士、日本の金沢、世界8位のTIE Yanaの一戦。激しいラリーが続くが、後半TIE Yanaのミスが目立つようになり、5ポイント続けて取った金沢が1ゲーム目先取!2ゲームに入るとTIE Yana、落ち着いたプレーで正確に打ってくる。中盤金沢が追いつき、一進一退の攻防が続くが、やや金沢のミスが目立つか…。TIE Yanaの粘り強さが目立つゲームだ。しかし金沢も負けてはいないデュースに持ち込み、さらに逆転、また、同点。時折口元に笑みを浮かべるTIE Yanaに対し、昨日と変わり、いつもの表情を変えないスタイルの金沢が最後決め、13vs11で連取。ほぼ同じ?体型(TIE Yanaの方がリーチが長い)の両選手、右のシェイクハンドのTIE Yana、左のペンスタイルの金沢、3ゲーム目もほぼ互角。やはりミスした方が負ける。10vs8とリードされてから、また、追いついた金沢。TIE Yanaのリアクションが大きくなってきた(笑)。キレぎみ?しかしここで持ち直すのが世界8位の実力。冷静さを取り戻しこのゲームを制す。ゲームカウント2vs1。4ゲーム、TIE Yanaが飛ばしている。。9vs3と大きくリード、ピンチだ。流れがTIE Yanaに傾いている。結局11vs6で落とし、2vs2のタイに。。
さあ、最終ゲーム、激しいラリーの応酬、緩急をつけてくる余裕の?TIE Yana。先に5ポイント取ったのはTIE Yana。5vs4ここで、コートチェンジし、さらにポイントを挙げる。TIE Yanaにやや風格が出てきた(苦笑)。思わず日本、タイムアウトをとる。再開後も流れが変わらない…。結局11vs6でTIE Yana勝利。満面の笑みだ。(かなりカワイイ〜、笑)

福岡春菜(56)vs LAU Sui Fei(14)
それぞれエースが勝利し1vs1で迎えた第三試合。さあ、昨日のドーピング事件(苦笑)から立ち直るか、福岡。最初のポイントは福岡のスマッシュ。立ち上がりは十分落ち着いて見える。お〜、お互いサービスエースの連発。ここぞという時の“お〜じ〜サーブ”は今日も健在。ただ終盤、福岡のスマッシュミスが目立ち、1ゲーム落とす。香港のスタイルは、スライスと強いドライブの組み合わせを、ラリー、サーブと変幻自在に操ってくる形だ。ん〜ペース変わらず、11vs7でこのゲームも落とす。もし福岡が落とすと、1vs2で、第四試合のエース対決に入り、愛ちゃんの負けは絶対に許されなくなる。。3ゲーム目は11vs7で福岡が返す。4ゲーム目もなかなかLAU Sui Feiのドライブに合わせられない。しかし、粘って福岡が11vs8で返し、最終ゲームに持ち込んだ。当然このゲームを取った方が勝つ。中盤まで互角。7vs7になったところでLAU Sui Feiがタイムアウト。両者相当のプレッシャーがかかっているのだろう。福岡が落ち着いている。10vs7、最後はスマッシュ決まり福岡勝利〜!いや〜ホントちょっとしたことでゲームの流れがガラっと変わる。。

福原愛(17)vs TIE Yana(8)
さあ、エース対決!序盤から安定感の増した愛ちゃんが続けてポイントを穫るが、TIE Yanaも長いリーチを活かして愛ちゃんの手の届かない左右に振ってくる。。したたかな卓球だ。中盤TIE Yanaがリードしてきた。1ゲーム目そのままTIE Yanaが11vs6で先取。
2ゲーム目、序盤から愛ちゃん飛ばしている。得意のバックスマッシュ。TIE Yanaも先のゲームの笑みは消えている。両者ギリギリの所で戦っている。よ〜し!(と声が出る、笑)11vs5愛ちゃんこのゲーム返す。
3ゲーム目もバックハンドスマッシュがビシビシ決まり、TIE Yanaミスが出始める。5vs2思わずTIE Yanaタイムアウト。
4ゲーム目、後がない愛ちゃん、プレーシャーを感じているのが画面を通じて感じてくる。。3vs0とリードされる。元気もない感じだ。早めにタイムアウトをとる。さあ、開き直れ!しかし、中盤1vs6リードを許している。ここで得意のバックハンドで1点返すが連取できない。。ミスが続き11vs3福原愛敗れる!エース対決世界8位のTIE Yanaが勝利。

金沢咲希(43)vs LIN Ling(12)
大詰めファイナルゲーム、全ては金沢にかかっている。
…残念。冷静な金沢だったが、どこか相手の方が一枚上だった。結果0vs3で日本準決勝で敗退する。。日本の今大会は終わった。しかし、卓球って瞬間的に勝負が決まって行く。技術うんぬんというところも当然大きいのだろうが、その国民的リズム、というか、“間”の勝負、ここぞという時の瞬間的判断、が大きいのかも知れない。この同じアジア同士の戦い、緩急自在操っていたのは香港が上だった。あとは中国、王楠の応援に〜。。

April 29, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (1)

いよいよ準決勝

Pingpong2l

女子準決勝/男子準々決勝 @ブレーメン
-------------------------------------------------------------------
第1試合 【女子準決勝】 日本vs中国香港
-------------------------------------------------------------------
第2試合 【男子準々決勝】 ドイツvsロシア
-------------------------------------------------------------------
第3試合 【女子準決勝】 中国vsベラルーシ
-------------------------------------------------------------------
第4試合 【男子準々決勝】 韓国 vsチェコ
-------------------------------------------------------------------
4強が出そろいましたね〜。今日の放送はJ Spotsで16:55〜翌05:00までと気合いの入れようです(笑)。今迄はプロ野球放送と重なっていたのでこちらが優先されていたようで、ロッテvs日本ハムのような。テレビ東京は19:00からだから録画になるのでしょう。とにかく香港を破って、ぜひ愛ちゃんvs王楠のゲームを見たいですね〜。

さてさて、今日の相手中国香港、かなりの強敵のようだ。いつものようにランキングを見てみると、日本最高位の愛ちゃん17位に対してその格上が3人いる。8位帖亜娜、12位林菱、14位ラウ・スイフェイ(しかし、中国名って読めないよね〜、フリガナつけて欲しい、笑)。でも昨年も日本vs中国香港、日本が勝っている。その場の精神勝負になるのだろう。昨日の卓球版ボブの出現により(笑)、先のWBC同様、卓球でも日本は“本気”になってしまったので、世界一はかなり現実的になってきた。。

昨日の“福岡春菜、ラケットドーピング事件”についてだけど、asahi.comにつぎのようなコメントが載っていたので紹介しておく。。

『福岡選手のラケット規定違反 接着剤の溶剤、規定の5倍
卓球の世界選手権のラケット検査で反則負けとなった福岡のラケットから規定以上の量が検出されたのは、接着剤の溶剤キシレンだった…』

この“規定の5倍…”というフレーズ、最近これに似たニュースが連日流れているが、あるところでは司直の手にかかり、別のところでは国際的な社会問題になったり、スポーツではオリンピックのような世界大会で必ず出てくるドーピング問題、野球でもバットの芯に何かが入っていたなど、、野球では(ここで言う野球はMLBのこと)突出して欲しくない選手が活躍し出すと必ずと言っていいほどこのような問題が浮上する、、というようなことがある。。故意か偶然か様々なケースがあるのだろうが、、その“後処理”も含め、何かスッキリしない“事件・事故”であることには違いない。

今回のラケットのラバーの接着剤の溶剤が問題になるなんて、空港の手荷物検査みたいなことでもやらないと(笑)、選手やスタッフなんてそこまで分からないでしょうね〜。もしかして日本だけチェックされたとしたら、やはり“ボブ”的裏工作(?笑)があったとしか思えない。。

April 29, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2006

福岡〜!

Japhunさあ準決勝、日本vsハンガリー。トップバッターはエース愛ちゃんではなく変幻自在お〜じ〜サーブの福岡春菜。フルゲームにもつれ込んでいる。ラリーではハンガリーの長身ポタに押されるが、ここぞと言う時の“お〜じ〜サーブ”。最後の最後までわからない勝負になっている。。さてさて。

最後はラリーも凌いでハンガリー撃破。まず日本1勝!
続いてエース愛ちゃんの登場。しかし、照英、不自然だよ〜(笑)。映画の中だったら許せるけど、ちょっと場違いでしょ!(笑)

1ゲーム目、デュースが続き18vs20で破れる。2ゲームに入ると愛ちゃん、別人のようにスマッシュ攻勢。3ゲーム目はついにブチキレた〜(笑)。いい意味でね。ちょっと手が付けられない状態。。が、4ゲーム目、いつもの悪い癖?守りに入ってしまっている。あらら、結局落としてしまった。。この勝負もフルゲームまでもつれ込む。さあ、エース対決、まず愛ちゃんのポイント。よしよし、攻撃型に戻っている。こうなったらもう安心。愛ちゃん勝利する。
ん?第一試合の福岡春菜のラケットに、違反?があったようで、先ほどの勝ちは取り消しだって。って〜ことは1vs1に。

3試合目、金沢咲希。テレビ東京で見ているが、この金沢選手を紹介する時の“中国五千年の大和魂”、これってどういう意味だろう〜?(笑)ん〜、先の“ラケット接着剤違反事件”直後のこの試合、金沢咲希がいつになく怒っている。力ずくで11vs2、あっさり先取。続いて2ゲームも。もう勢いが止まらない。。

結局、日本が3vs1で準決勝進出。。最後に日本のスタジオに画面は移る。照英、泣いてるよ〜!(笑)頼むよ、テレビ東京、そういう演出やめようよ〜。まあ、これが“いい〜”人もいるのかな。。さて次の相手は?

April 28, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

世界卓球 2006 女子予選リザルト

世界卓球選手権2006女子団体グループリーグが終わり、日本は結局Dグループ1位通過。ランキングを見る限り上位チームを破っての決勝トーナメント進出だ。このランキング、あまり当てにならないのかな…。ご贔屓の王楠も今は6位だし(笑)。

さて、決勝リーグに入る前に、各グループリーグリザルトを紹介しておこう〜。(笑)
Aグループ、トップは当然、中国。無傷の5連勝で余裕のトップ。日本は愛ちゃんが唯一1ゲーム落としたが、中国は1ゲームも落としていない。メンバーはやはり世界ランキング1位から6位迄の5選手で構成され(4位はシンガポールのLI Jia Wei)、当然王楠も活躍している。グループ2位はベラルーシ(4勝1敗)、3位チェコ(3勝2敗)。この上位3チームが決勝リーグ進出する。

Bグループは、1位香港(4勝1敗)、2位北朝鮮(4勝1敗)、3位ハンガリー(3勝2敗)。香港は順当にいけば準決勝で日本と対戦する。当然日本も順当に行けばだけど。。

Cグループ1位は韓国(5勝)。こちらも5連勝で無敗で進んだが、落としたゲームは6ゲーム。2位オーストリア(3勝2敗)。3位は地元ドイツ(3勝2敗)。

Dグループはもうご存知、1位日本(5勝)。唯一愛ちゃんが初戦1ゲーム落とした後は無傷。2位クロアチア(3勝2敗)。3位シンガポール(3勝2敗)。

さあ、組み合わせも決まり、この時間J Sportsでは既に決勝トーナメント第一試合のハンガリーvsクロアチア戦が始まった。この勝者が次に日本と対戦する。決勝トーナメントになると、各放送局(私の環境では2局)も放映ゲームも増える?ので、ぜひ中国の試合を見たいですね。。ちなみに2009年は横浜で開催らしい。その時まで卓球マイブームが続いているかが微妙だけど…。(笑)
Pingpong1

April 28, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (1)

April 26, 2006

日本VSシンガポール

福岡春菜(56)VSチャン・シュエリン(34)
大接戦、お互い譲らず2ゲームオールでファイナルゲームまでもつれ込んでいる。ラリーだとややチャン・シュエリン有利だが、福岡春菜、ここぞというところで“お〜じ〜サーブ”が決まる。。しかし、すげ〜!燃える(笑)。ところで、ユニフォームの背中に付いている“背番号”よくよく考えたら世界ランキングになっているのね、たぶん。福岡春菜56、チャン・シュエリン34。
結果、福岡春菜3-2勝利!!さあ、次は2番手愛ちゃん。。

福原愛(17)VSリ・ジャウェイ(4)
世界ランキング4位の相手。エース同士のカード。2ゲーム目、こちらも大接戦いきなり10vs10デュース、さらに11vs11、、結果13vs11愛ちゃん1ゲーム返す!ここでコマーシャル。(笑)なんか、いつの間に仕事の手が止まって実況中継に入ってしまった。。まあ、一休みということで。
愛ちゃんの“お〜じ〜サーブ”リ・ジャウェイに通じない。逆に長身からバシバシ決められる。が、愛ちゃんも負けじと左右に振る。。大事な3ゲーム目、ミスが目立ち始め11vs6でリ・ジャウェイが取る。
しかし、キャスターの照英、松岡修造ばりの“はじけ勘違い”(笑)、もう少しテンション下げてね。。
4ゲーム目、左右の揺さぶりが効き始め11vs5と愛ちゃん。これで、第2試合もファイナルゲームまでもつれ込む。
ファイナルゲーム“サー”も連呼。相手は表情を変えず、小さくガッツポーズ。ファイナルゲームは、どちらか先に5点取ったところでコートチェンジする。愛ちゃんが先にとり、6点目も続けてとり、後半へ。
10vs5、後1点とリードしながら続けてミス10vs9まで追い上げられる…、ここで日本の監督思わずタイムアウト。。最後は“お〜じ〜サーブ”が決まり、愛ちゃん世界4位を破る。

金沢咲希(43)VSシ・ーヤン(85)
今までのロシア、アメリア、クロアチア戦と見ていて一番安定感があった、中国から帰化した金沢咲希。相手も85位とかなり格下なので余裕で見ていられる。。このまま金沢が勝てばその時点で決勝進出が決まる。ただ、決勝進出だけでなく、1位通過がその後のトーナメント有利になる。。
へ〜、(解説者の話から)金沢選手の“金沢”という名前の由来、初めて日本の金沢に行った時にとても気に入った街だったからその名にしたらしい。。って、北海道が気に入ってたら“北海道咲希”になっていたの?“群馬咲希”“東京咲希”もあり得た訳だ(笑)。まあ、この“咲希”も“金沢”に合わせてつけたらしいので、“東京”の場合は“ボンタ”ならぬピンポンのどちらかを取って“東京ピン子(ポン子)”になっていたかもね〜。(笑)
コーヒーを煎れそんなくだらないことを考えている間にゲームは進み、気がつくと、あれ、2vs1とリードされ、第4ゲームに入っている。。
結果、3人ともファイナルゲームでの勝利。いよいよ明日グループ最終スロバキア戦、30日の決勝まで目が離せない。。

April 26, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

世界卓球2006 日本女子団体

アメリカ、クロアチアを下し、今晩9:00からシンガポール戦。強豪らしい。まあ、上位3チームが決勝ラウンド進出で、明日、予選最後のスロバキアは各選手日本選手より格下だから予選突破はほぼ間違いないだろうけど、、。決勝ラウンドは28日〜30日まで、予選から休みなしの毎日、けっこうハードですね。

しかし、テレビ東京(民放)はいいとして、J Sports、日本の試合だけじゃなくてさ〜、中国や香港など他のグループの試合も放映してよ〜。王楠見たいしさ〜(笑、メンバー入っているよね?現在世界ランキング6位だしさ。1人シンガポール人除いて5人が中国人)。先のWBCは全試合放映していたのにね。結局マイナースポーツ、愛ちゃん一人にスポンサーがつくってことね。。まあ、ね。

April 26, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

さあ、始まりました。卓球…

世界大会。初戦ロシア戦、一番手は早速愛ちゃんの登場。あっさり1ゲーム先取して2ゲーム目も圧倒している。。相手の選手はロシアナンバーワンらしい。ほとんどカットプレースタイル、カットマンというらしい。1ゲームは様子を見ていた愛ちゃんも、このゲームはフォアをバンバン、スマッシュで決めて行く。。こう書いているうちに2ゲームも奪取。

3ゲームに入ると相手は早い段階から愛ちゃんの身体めがけてスマッシュを打ち出してきた。しかし隙を見て得意の?バックハンドスマッシュ。この前渋谷でやった時、このバックハンドスマッシュが決まると、フォアのそれより数倍快感を得た(笑)。少ない動きでビシッときまるこのバックハンド、見ていても気持ちいいですね〜。。さあ、そろそろ打合わせの時間が迫ってきたので、結果は後ほど楽しみに…。。

と言っている間に(卓球って進むの早いんだよね〜)愛ちゃん逆転負けしてしまいました。。3ゲームから積極的になったロシア選手に常にリードされる形になり…、結局ペース戻せず敗退。。他のニッポン選手に期待しましょう〜。あと、中国の王楠にもね。(笑)

April 24, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

世界卓球2006

明日開幕。テレビ東京J-Sportsが放映。
必見ですね〜。(笑)

April 23, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2006

Victory!

Img_4021sK氏とのガチンコ勝負、2戦2勝、圧勝で終わった。さすがに“王楠モデル”である(笑)。圧勝とはいえ、十数年ぶりのゲーム、相手とラリーをするまで不安が残った。開始1時間前に一人「渋谷卓球倶楽部」入りする(笑)。夕方の時間帯、会場は20代の男女で盛り上がっている。学生が授業後に立ち寄っている雰囲気だ。遅くなると中年の方々もやってきたが中心は若い人たちだ。。早速空いている台を使わせてもらい、一人サーブ練習。10分もすると感覚が戻ってきた(ような気がした、笑)。

Img_4014s時間になりK氏一行が到着。予定通りK氏は“貸しラケット”だ。(笑、これで負けたら当分“王楠モデル”ネタになるだろう〜。)早速ラリーを始める。ん〜、いい感じ(笑)。懐かしさと打った時の感触に、二人とも笑みがこぼれてしまう〜(笑)。。20分くらい練習、かなり汗をかく。さあ、先日ラケットと同時に買った教本によるルールを元に(笑)開始。1ゲーム11点、5ゲーム(3ゲーム先取でゲームセット)ルール。さすがに開始1時間前から練習していた成果だろう、私の方がボールに慣れていたこともありあっさり1ゲーム先取。そのまま3ゲーム続けて取り1ゲームも落とさないまま勝ってしまった。。まあ、結局お互い10年ぶりくらいに行うスポーツで、レベルはたかがしれている。結果の差はゲーム開始までにどれだけボールの感覚に慣れていたかで決まったようだ。。

Img_4023s他の4人のメンバーも、それまでは見ているだけと言っていたが、どうして、結局我々2人より盛り上がっていた(笑)。H氏は試合後の焼き肉パーティー?で、毎週やりましょうよ〜と、すでに筋肉痛が始まった身体をものともせず(笑)、燃えているのだった。。東工大のHくん、スポーツは全然ダメなんですよ〜、といいながら185cmの長身を活かして時々スーパーショットを打っていた。プレースタイルはこの世のものとは思えない(笑)不思議な動きでしたが〜(笑)。

April 19, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (4) | TrackBack (0)

April 16, 2006

最強モデル!

Img_4008世界最強の道具を得た。“王楠”モデル。ワンナンと読む。ご存知、昨年まで(卓球の)愛ちゃんのパートナー、世界のワンナン。中国のナンバーワン=世界一である。。今週の火曜日の卓球の試合に備えマイラケットを買ったのだが、どうせマイラケットを買うなら実力はともかく、世界一のものでしょう〜と。(笑)

Img_4005卓球なんて十数年ぶりだ。約1ヶ月前、自由が丘のBar320で飲んでいた時のこと。いつものメンバーでスポーツの話で盛り上がった。もともと体育会系の?私とK氏、自分の自慢話になる(笑、単なる酔っぱらいおやじ?)。で、何かで勝負しよう〜、ということになり、身近なスポーツって…いろいろ話した結果“卓球”ということになった。。

Img_4006いつも“形”から入る(笑)。ネットで卓球ショップをいろいろ検索したところ、一番近いショップは渋谷あった。昨日1週間ぶりに(笑)高井戸の自宅に帰ったので、今日仕事に出てくる時に渋谷の街に降り、その店に行ってきた。卓球専門店というと結構マニアなイメージかな〜と思っていたけど、テニスショップまではいかないまでも、かなり“普通”の店だった。で、早速店員さんに十数年ぶりにするんですけど、どういうのがいいですか〜?って聞くと同時に愛ちゃんモデルが目に入ってきた(笑)。すぐに出してもらい、軽く素振りをしてみる(笑)。日常にはないそんな動作も、専門店に入ると不思議と変な恥ずかしさがない(笑)。でもどーせなら、愛ちゃんより強い“ワンナン”かな〜と、こちらを選ぶ。同じサースポーだし。。

結局、中国チームのユニフォーム、までは買わなかったが(笑)、ラケット、ラケットケース、練習用のボール、グリップテープ、卓球雑誌を揃えた(笑)。最後に店員さんに、「卓球って一人で練習するにはどうしたらいいですか?」って聞いてみたら、店員さん一瞬動きが止まって、「え、えぇ…、む、ムリですよね。。」って返事が返ってきた(笑)。まあ、私もムリだろうと思っていたが、専門家は何か特別な方法を知っているのではないか?と思ったが、やはりムリだったようだ(笑)。。

さてさて、これで一応“形”は揃った。火曜日当日、貸しラケットで勝負するというK氏に、負けた時のいい訳を考えておかなければならなくなった(苦笑)。なにしろ年齢差10歳以上。。長期戦に持ち込まれると勝ち目はない。と、早くもいい訳モードになるのだった。。

April 16, 2006 in スポーツ, 卓球 | | Comments (2) | TrackBack (0)