May 31, 2007

東京マラソン2008

第2回東京マラソンは来年2月17日に決まっているが、その募集期間が6月17日から(締め切りは8月17日)と発表された。
さあ、今回は早めにトレーニング開始だ(笑)、と言っても当選しないとね〜。発表はやはり10月になるのかな。。

May 31, 2007 in Road to 東京マラソン2007, スポーツ | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2007

Two days later

Dsc00367 Dsc00370 Dsc00379 Dsc00381



ボランティア、スポンサーチーム、スタッフ、そして最後まで見守ってくれた観客…、感謝!(涙)
Line_2

東京マラソンから2日経ちましたが、昨日まで屈伸もままならない状態でしたが、今朝はほぼ回復し、いい筋肉痛が少し残っている程度になりました。まだまだ、若いって事ですかね〜(笑)

今朝は昨日と変わってどんよりした天気、時折小雨がぱらつき、寒い。マラソン当日を思い出す。体調不良だった人にとってはイヤな天気だろう。まだ、2日しか経っていない。正直私も筋肉痛が残る中、当日の寒さ、厳しさが蘇ってくる。しばらくはトラウマに…(苦笑)

救急車で運ばれた方々は大丈夫だったかな?かなり重症の方もいたみたいだし。応援に後押しされ、私もきっとどこかでムリをしていたんだと思う。終始、たくさんのランナーと一緒だったし、無意識に前へ前へ、進んだのだろう〜。次回、というか、フルマラソンや、トライアスロンなどに私のような超アマチュアが参加する場合、それらを指導、アドバイスする機関、例えば区営のスポーツジムやプールに、しっかりとした指導者が必要なのではないかな〜。ただ、このマシンはこの筋肉に良くて…などの局部的な指導ではなく、目的や目標に合わせた、メンタル指導含めたことも必要なのではないかな〜。。

私は、今回に向け、原宿、吉祥寺のOSHMAN'Sのスタッフにこちらから半ば強引に(笑)いろいろ聞きまくった。また、自由が丘、下北沢の知人で経験者の方、3年連続ホノルルマラソンに参加している歯科医の友人にアドバイス受けたり。とにかく、ケガはしたくなかったし、20km超の未知な世界に足を踏み入れると、どういう状況が待っているのか、経験者にいろいろ聞くことは重要だと思ったのでね。トレーニング本も大事だけど、筋力付けるのも大事だけど、経験者のネガティブコメント含め、実体験を聞くことはやはり危険回避にとても重要なことだと思う。そしてそう実感した。。

今回のマラソン当日、もし、天気が快晴で、マラソン日和…になっていたら(たらればはないけど)、マスコミ含め、さらにお祭り騒ぎに拍車がかかったことだろう〜。社会、経済に蔓延している不安感を、なにかこじつけ的に払拭させるのに一役買ったことだろう。。でもね、マクロ的に扇動するのもある意味必要だと思うけど、同時に、やっぱりもっとどこか冷静に、人に“個”に対しての意識付けを、また、個それぞれも、どこかがやらなければ、考えなければ、ならないんだろうな〜って思う。

そうすることで、そう一人ひとりが意識することで、ホントの意味での“世界”基準に向かう、初めの一歩になるんじゃないかな〜、って。仕事でもそうでしょ。今これが流行だから〜、この流れに乗れ〜、って。それと同時にその根本となるミクロなところも基盤もしっかりとね。それぞれの役割において、しっかり見て、考えて、、時間はやっぱりかかるものだから。まあ、何事も方向をしっかり持ったバランス感覚ですね。

February 20, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 日記 | | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2007

完走。

Ldsc00347
前日からの冷たい雨。スタートの時刻には上がるでしょう〜と言っていた天気予報もハズレ、直前さらに強くなってくる。気温5度、体感的にはもっと低いだろう。しかし、寒い、始めから最後まで寒かった。寒さとの戦いだった。。

002dsc00328_1 001dsc00329_1予定よりやや遅れて新宿駅到着は8時になろうとしている。日曜朝の西口周辺はほとんど?参加者で川のように都庁方面に流れている。その脇には着替えたり、荷物をまとめている人たち、駅公衆トイレの順番待ちの列…。

私もトイレが近くなってきたので、西口は全滅だろうと(笑)東口に向かった。立ち食いそば屋さんのトイレを借り(感謝)いそいで都庁に向かった。途中気がつかなかったが戻る途中の南口にも空いているトイレがあった。。

02dsc00335_1 01dsc00334_1都庁前についた時は荷物受付終了間近に迫っていて、いそいで人で埋まった沿道で着替え、日通のゼッケン番号別に分かれたトレーラーに預ける。すぐに、急いで指定されたブロックに並んでください〜、とのアナウンスが鳴り響いている。時間は8:40スタート直前まで陸橋の下で雨宿りをしていようと思ったが、時間内にスタートラインにいないと、最後尾からのスタートになってしまう。(後で考えたらそれでも良かったのだが…)

04dsc00339 05dsc00342指定されたDブロックに並び、冷たい雨に打たれながらスタートを待つ。寒い。この寒さの中皆の表情も硬く軽いステップを踏む。横にいる外人は明るい(笑)これも寒さをしのぐ対策だろう、奇声?を発しながら身体を動かす。9:05車イスの部スタート。姿は見えないが並んでいる人全体から歓声が上がり、気分も盛り上がる。後5分、3分、2分、1分とアナウンスが流れるたびに歓声が上がる。9:10、いよいよ東京マラソン2007、紙吹雪と共にスタート!

01dsc00353 02dsc00354Dブロックは比較的前の方でスタートからほとんどタイムラグがないままゆっくり動き出した。始めの右折カーブを過ぎ、新宿の大ガード下を通り過ぎる。トラブルもなく順調に流れている。早速トイレが近くなってきたので新宿厚生年金会館横のトイレで済ます。靖国通り、前も後ろも見渡す限りの人、人…、圧巻だ。大河のように小さな小刻みのうねりと共に流れている。

03dsc00355 04dsc003565mk地点、あっという間に過ぎる。ペースは練習通り、1km7分位のペースを保つ。皇居横を通り日比谷公園付近で10km、ここでもマイペースを保ちながら寒さと戦う。練習ではこの辺りから身体も温まっているのだが、この日は全然ダメ。濡れた手袋は用を足さずかえって体温を奪う。。

05dsc00357日比谷公園から三田へ向かう直線では、すでに品川を折り返したトップグループ(第2グループ?)が反対車線をものすごいスピードで走り去っていく。しばらくすると大きな歓声と共に有森裕子とその取り巻きグループが過ぎ去っていった。表情はやや硬かった。あとで知ったが、直前転倒したようだ。

06dsc00360品川折り返しでは、駅前のロータリーを回ると思っていたが、その手前、2台のハトバスで第一京浜を封鎖した状態の手前を折り返し、けっこうきついUターンだ。私のようにスローペースでも感じるくらいだから、アスリートにとってはかなり負担がかかるのではないかな、ってそんな心配している余裕が、ここではまだあった(笑)

さて、ここから途中20km地点を迎え、その先未知なる距離、浅草までの長い道のりが待っている。はたして行けるのかな〜、と、すでに左膝に違和感を感じている脚と相談し始める。。田町辺りのコンビニで手袋を買い、交換。乾いた店内で暖まっている新品の手袋をすると、手先が暖まり体感的気分的に楽になった。

07dsc00363 08dsc00364銀座の街に入る。観客も増え、皆盛り上がっている。確かにランナーにとってこの歓声は大きな後押しになる。それまで寒さに沈んでいた身体も気持ちも一気に(一瞬だけどね、笑)回復。しかし、この頃から膝も違和感からやや痛みに変わってきている。まずい…。

09dsc00365日本橋で歩道のガードレールにつかまり、屈伸、ストレッチを行う。どうだい、行けるかい?と脚と相談し再び走り始める。ペースはかなり落ちている。予定でもこの辺りは1km10分とかなりスロー設定しているので、このペースをキープできればいいのだが…。

浅草橋が見えてくる。1時間毎にPowerBarでエネルギー補給していたが、少しお腹が空いてきた。他のランナーは吉野家に入って牛丼?を食べている人もいる(笑)。コンビニに入り、おにぎりと熱い肉まんを買い、歩きながら食事。。バナナはまだかな〜、とこの頃から気になる(笑、こちらも後で知ったが、すでに品切れだったようで)

この頃からは屈伸、ストレッチの回数が増えている。もうすぐ浅草だよ〜。沿道の声に勇気づけられ、進む。前日の高橋尚子のアドバイスを思いだし、顔(あご)を上げず、2〜3メートル先の地面を見るようにやや下向きに走る。蔵前駅前を通り、いよいよデルタ地帯へ。ふと横の観客に見覚えのある顔が。地元の近所の人で、その方も若い頃はホノルルマラソンやNYCマラソンなどによく参加していた。こちらから声をかけ、少し立ち話(笑、けっこうこういう光景見ました)。当日は奥さんの応援にカメラを持って回っているのだという。しばらく話した後、写真を撮ってもらい励まされ再び走り出す。雷門の前の人を横目に折り返していく。

しかし、浅草折り返した地点で、もう脚が悲鳴を上げだしている。自由が丘のW氏の強烈な顔と(笑、気持ちが熱いという意味)アドバイスが頭の中で回り始める。ジョイント(関節)に来たら辞めることだ。と。。ここで、アドバイスの通り気持ちを割りきり、歩くことにした。まだ“普通”には歩ける。競歩に近いような、いわゆる早歩きで行けるところまで行こうと。。

後方からゆっくり走っている人たちがどんどん先へ行くが、気持ちの焦りはない。自分との戦いだから。。銀座から来た道を戻っていく。さすがに歩くと経過時間が気になる。はたして各関門の制限時間内に入れるのだろうか…。しかし、トイレは相変わらず近い。スペシャルドリンクを始め、沿道のスポーツドリンク、ミネラルウォーターの補給はこまめに行った。寒いとはいえ、脱水症状が怖いからだ。その分、寒さで近くなる。。仮設トイレ、ほとんど機能していなかった。需要が多すぎて。。男は…で済ませていた。という私も数回“連れ○○○”というやつを…。

銀座に戻ってきたが、先ほどの“後押し”も機能せず、ひたすら歩く。がんばれー!歩いちゃダメだ〜!の声もまったく反応しない。。銀座4丁目から晴海方面へ向かう。まだ人の列もばらけないで、スタートの頃ほどではないが、河状態で流れている。恐るべし3万人(フルは25,000人か)。結果的に、この河状態だったから走れた(歩けた)のかも知れない。

10dsc0036635kmまで来た。佃大橋手前で筋肉痛用のスプレーを大量に吹きかけてもらう。多少気分的には楽になったかな〜?程度だったが。ゆっくり登り、長い橋を渡る。その後、いくつかのアップダウンを繰り返し、40km、あと少しだ。ボランティア、係の人の数も増えている。前半のエリア担当だった人たちが、役割を終えこちらに回ってきたのだろう〜。なんかこの頃から少し胸が熱くなる。ボランティアや、スタッフ、警察の人たち、アメなどを差し入れた応援の人たち…。みんなの表情が胸に沁みる。ちょっとうるうる。。

11dsc00375残り1km。来てしまった。というのが正直な感想。感動というより、後半からはず〜と、寒さ、脚の痛み、との戦いで、早く暖まりたい、風呂につかりたい。そんな気持ちでのこり1kmを迎えた。

12dsc00382 Dsc00387最後のコーナーを曲がり、ゴール手前の“花道”に入った。左右の客席の人も疎らだが、最後まで応援している人たちがいる。ここではさすがに目が熱くなった。ゆっくり歩きながらゴール。感動の、涙の…までは行かなかったが、走り(歩き)きった充実感は大きかった。今までにない初めての感情が起きたのは確かだ。。

夕べはゆっくり風呂で温まり脚をマッサージして、ビールも飲まず(笑)早々就寝。今朝は早くから、ギア類に感謝を込め(笑)楽しい洗濯に追われ一日が始まった。当然脚の痛みはしばらくは残るだろう〜。。

Tm14032

February 19, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (6) | TrackBack (0)

February 17, 2007

通過目標

Tmtime

前半(15km地点まで)7分/kmで。以降10分/kmと、特に未知なる20km以降は超スローペースでの計算。どこまで予定通りに身体が動いてくれるか…。さあいよいよ決戦です。

February 17, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (3) | TrackBack (0)

東京マラソン in 東京ドーム その2

Dsc00295

Dsc00287 Dsc00273やっぱり行ってきました、Qちゃんの話を聞きに。30分と短い時間だったけど、高橋尚子嬢見たさに集まった観衆にいつもの笑顔で、完走を目指すアマチュア向けに分かりやすい力強い話しだった。実際の彼女、自身レース前ではないので、あの絞った身体とは違って“普通の”身体、とてもスタイルが良く、オーラとは違う、天然?エネルギーにあふれ、とても自然体で好印象だった。。

Dsc00306 Dsc00318その他のブースでも、昨日より多くの人が来場して、直前の盛り上がりだろう、スタッフも参加者も活気に溢れ大にぎわいだった。瀬古利彦氏が著書の出版を記念してサイン会を行っていたり、元アフリカ選手のライブもあったり(笑)。でもこのアフリカンステップ、リズム、高速維持走行?に大きく影響しているんだろうな〜。。

Dsc00317また、この東京マラソン、両種目(フルマラソン、10km)ともに、男子陸連登録者18歳以上(高校不可)、男女別一般、車イスとなっており、車イスは10分先にスタートする。ブースでいろいろ話を聞いたところ、最速だと、1時間前半代で42.195kmを走りきってしまうそうだ。平均時速にすると30kmを裕に超える。普通の自転車でもこの平均速度は速い方だと思う。。このアルミとカーボンの組み合わせのバイク、機能だけでなくデザインも美しい。

Line_2

Dsc00324さてさて、今夜すでに雨が降り出している。明日のちょうどスタート時間位まで降り続くそうだ。また、気温も上がらず最悪の条件になりそうだ…。ということで、ウェアー等の最終チェックを。
帰りに新宿のOSHMAN'Sに寄り、防水スプレーと、ワセリンより使いやすいというディクトンというスプレー(ムース)タイプの肌を保護するクリームを購入した。
防水性のパーカーを用意しようと思ったが、このためだけに購入するには…、ね。スタート時間には上がるらしいし、防水スプレーで一時的に凌ぐ対策をとる。。ワセリンは気温が低いと塗りにくくなる…と、どこかの本で読んだので、ムースタイプを使ってみることに。。

Dsc00322 Dsc00321あとは、雨の場合はつば付きのキャップ、上がった場合はつばもなにもないいつものトレーニングキャップで。こちらは伸ばせば耳まで隠れるので寒さ対策にもなる。。ウィンドブレーカーは暑かったら脱ぐつもりでいたが、その必要はなさそうだ。むしろ中にどれだけ着込むかが、長時間走行の重要なポイントになりそうだ…。

February 17, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2007

東京マラソン in 東京ドーム

Dsc00237

Dsc00308 Dsc00311選手の受付を行うため東京ドームへ。既に送られてきている参加登録書類と引き換えに、登録番号ごとに分けられたカウンターでゼッケンや計測用チップなどを受け取った。さあ、いよいよだ。

Dsc00298 Dsc00299そのまま東京ドーム内の「東京マラソンEXPO 2007」会場へ。各スポンサーブースがドームアリーナにひしめき合っている。中でもアシックスの巨大ブースが目立つ。トークショーのタイムテーブを見ると、ほぼ同じ時間に高橋尚子の名前が。近くのスタッフに聞くと、あ、たった今終了したところで、残念ですね〜。でも、明日の午前中も来ますから、ぜひまたお越し下さい〜。だって。

Dsc00247_1 Dsc00243_1 アディダスのブースでは、タイミングよく増田明美がツールドフランス解説でもおなじみ白戸太郎氏と登場。増田嬢相変わらずのつまらないジョークで引きまくっていた(笑)。余計なこと言うから、きっとためになる話をしたんだろうけど、耐えられず他行ってしまいました。。

Dsc00240 Dsc00241まあ、他と同様このEXPOも、結局は即売会的な色合いが強かったが、これもまた楽しみの1つでもある訳でね。PowerBarブース、「5個買うと1個おまけ」の張り紙につられ(笑)、また、ちょうど6個購入予定だったので即購入した。(1時間ごとに1個補給し6時間で完走予定)

Dsc00250_1 Dsc00249_1帰りの電車内では同じビニール袋を下げた人たちが多く見られた。当日の、マラソン3万人という規模は、まだ想像がつかない。。トイレ、防寒、雨対策…、いろいろ課題が現実的になってきた。

February 16, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (2) | TrackBack (0)

February 15, 2007

勇気をもって…

棄権するのも大切です。私のいい訳ではありません(笑)

当日の体調に不安やムリを感じたら、勇気をもって棄権しましょう…、と公式Webサイト「ドクターからのアドバイス」に書かれてます。私も2004年トライアスロン(ショートタイプ)初挑戦の時は徹夜明けになってしまい、現地までは行ったものの直前で棄権した経験が。。

まあ、今回1回っきりではないんだから、ムリな時はサッと身をひくことも大事。来年もその次も続くんだから…、って保証はないか。。(なんかだんだん自分に言っているような気になってきた、笑)
そん時は青梅マラソンに参加しましょう〜。どちらにしろ来年、再来年と市民マラソンブームはしばらく続くんでしょうね。

東京は今日風は強い受けど快晴で、花粉がかなり飛んでいるようで。おかげで、頭がボーとして思考回路(さらに)がた落ち。当日の天気は曇り雨となってますが、今日のような風が強く花粉飛びまくりでは、相当身体に影響するのかな。。
とにかく、風邪気味の人や、仕事で徹夜明けなんて人はホントムリしないように、ですね〜。私も風邪なのか花粉なのか現在不明のまま週末に入っていく…(苦笑)

今までのにわかトレーニングで、走り始めた頃は、毎回のように膝の横や膝の裏に痛みが出た。次の日まで残ったり。。その後はスクワットなど日々コツコツと筋力を付ける筋トレ含め、ストレッチもなるべく入念に行ってきた。この直前の週末も、先日の、超身体を鍛えること大好き自分大好きダンディなW氏(笑、尊敬してます)のアドバイス通り、ストレッチに時間をかけ、軽いジョギングを行い当日を迎える。。

February 15, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2007

ナイトラン

昨晩、久しぶりの夜のランニング。火曜日、髪の毛を切ってもらっているIくんから誘いがあり、トレーニングがてら片道約8km、自由が丘に向かった。ちょうど食後だったので、その1時間半後にスタート。始めの2kmはきつかった。身体が重い。スローで慣らしながらのスタートだったがなかなか身体いうことをきいてくれない感じだ。ここで、休まずペースを落とすことなく、がまんの走行を続けていたのが良かったのか、3km過ぎから徐々に足も軽くなってくる。ここも、逆にペースを変えず、スローのまま走り続けた。。

大岡山の坂もそんなに負担にならず(むしろ自転車の方がきつく感じるくらい)いい調子のまま、自由が丘駅前の目的の店に入った。知人が数人すでに出来上がっている(笑)。私はというと、ビールを勧められるが、キッパリ断り持参のスペシャルドリンクを飲む。前にも話したけど、1年365日、駒沢公園を毎日走っている、超身体を鍛えること大好き自分大好き、ダンディなW氏もいる。当然“説教”モードに(笑)。私の身体を触りまくり、まだまだ甘いな〜、25km、良くて30〜35kmだな〜。と、限界距離を算出されてしまった。。ある意味とても正しい解説をしてくれるW氏、ジョイント(関節系)に来たらすぐやめることだな〜、と。

さらに夜が更け、いつものメンバーたちが続々と。。J-WAVE火曜日のパーソナリティーN氏も登場。W氏と東京マラソン、スポーツの話から、酸素、水素、○△■▽◎…、化学記号がたくさん出てきて、途中から私にはさっぱり理解できない話に進んでいった(笑)。さすがに仕事柄というか、お人柄、とても博学で知識人で常識人のN氏。また、楽しいお話きかせてくださいませ。。

結局最後はいつもの3人(Iくん、Mさん)で、私もいつの間にかギネスビールを片手に盛り上がっていた。。もちろん帰りは走りませんでしたよ。身体のために、というか、常識的に。。

February 14, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2007

ゼッケン

ついに1週間切ってしまった。“…しまった”という言葉は、寝坊した時やデートに遅れた時、操作ミスをした時など何かに失敗した時に出る言葉だ。。当然だが、ほとんどの人は普段仕事をしている中での趣味としての○○で、この東京マラソンも同様だろう。よほど自分に厳しい人や天性的な(笑)計画的に実行できる人以外は、この時期同じ事を感じていることだろう〜。

さてさて、公式Webサイトを見ると、最近日々トピックスが更新されている。その中でも気になったのが「ランナーアップデートサービス」で、東京マラソン当日に、ランナーのゼッケン番号または氏名を入力し検索すると、ランナーの5キロごとの通過タイムを調べることがでる…とある。友人や知り合いの人などが出場しているけど、わざわざ東京まで行ってられるかぃ〜!という人にとってはとても便利なサービスだ。ちなみに私の番号は14032で、どの地点で表示が「…」になるか、お知り合いの方はミカンでも賭けて(笑)盛り上がって下さいませ〜。。

私はわたしで、完走目指して、日々(気持ちだけは)努力を続けている。シューズも先週から、アディダスからアシックスに変更、より他力本願…もとい、自分に合ったギアを目指して、こちらも努力している。。

現在、東京の当日の天気予報は「くもり一時雨」になっている…。こちらも心配だ。

February 12, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2007

クエン酸+アミノ酸 for 東京マラソン

Img_5833アミノバイタルに次いで、先日、クエン酸含有量が多い“シトリックアミノ1000”を購入。何がどういう効果でマラソンにどのようにいいんですか〜?と、いつものようにOSHMAN'Sのスタッフに執こく聞く。

アミノ酸は、筋肉作り・筋力アップ、トレーニング、レース中の筋肉痛や筋肉疲労からの回復を早めるとされていて、クエン酸は、最近よく聞く、血液や体を酸性にしてしまう“乳酸”を分解し、疲労回復を促進するらしい。ネットで調べてもいいことがたくさん書かれている(笑)。確かにいいんでしょうね〜。頼むよ!サプリくん。

反面、時々聞くのは、このようなサプリ摂取を習慣づけてしまうと、いろいろサプリがやってくれるので、普段自身の体内で働いている部分が、おぉ〜なんかカッコよくてすげーのがものすごいスピードで仕事してるぜぇ〜、とサボったりいじけたり(笑)機能しなくなってしまう。。という説もあるらしいが…。確かに、こちらも言えてるよな〜って、自分の身体に聞いてみても、お腹がぴくぴくうなずいてくれる訳でもないし、、まあ“過ぎず、頼らず…”は守って、あと約1週間、身体を動かす方が重要な訳で。。

February 10, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2007

あと2週間。

Dsc00229今朝は身体が重い。朝食後1時間過ぎた頃歩き出す。前回は食後1時間で走り出したが、やや消化不良気味だったので、始めの約20分は意識的に歩いた。当日も(当然)後方からのスタートなので、スタートラインまでに20〜30分位かかるのではないかと思われる。

OSHMAN'Sのスタッフの方にも、始めの30分くらいは、極端に言って歩くつもりでスタートした方が後半“楽”なのではないか、とアドバイスを受けている。まあ、楽ということは絶対にないと思うが(笑)。とにかく前半はゆっくりのペースを意識して。。

今日は風が冷たく強かった。向かい風でいつになくきつく感じ、身体もなかなか温まらない。やはり当日もウィンドブレーカーは必須か。また、雨や雪が降った時なんかはさらに厳しいんだろうな〜。防水スプレーも用意しておくか。
今日行われた青梅マラソンの様子を夕方のニュースで見たけど、皆けっこう薄着でしたね。厚着の人でもロングTシャツ1枚、という感じで。。

昨日新たに仕入れた(勧められた)サプリを、常備用スポーツドリンクとしてペットボトルに入れ走った。いつもはポカリやアクエリアスを水分補給用としていたが、さらに吸収力が高いもの、ということで使ってみた。今日はとにかく冷えたので、トイレも近く、吸収してもすぐに出てしまう感じだった。吸収が早いから出るのか、寒いから近いのか、よく分からなかったが(笑)。とにかく水分補給は絶対条件だから、悪いことはないんだけどね。。

February 4, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2007

東京マラソン2007 in 神保町

Dsc00221
靖国通りにて。ここにも。。

February 1, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2007

PowerBar

Img_5831_1
朝食後にマルチビタミンを1粒飲み、ストレッチ数十分。1時間後、アミノバイタルを1袋、ミネラルウォーターで流し込み走り出す。3週続けて同じコースを走った。

走り出して30分、吉祥寺駅前を通過し、井の頭公園奥辺りでちょうど5Km。そこからは玉川上水沿道を戻る形で走る。すぐのところ公園敷地内に1周400mのトラックコースがあり、そこでちょっとペースを上げ5周、流して1周。そのまま休まず元の玉川上水沿いを黙々と走る。

iPodはつけていない。音楽を聴きながらもいいと思うが、ここ武蔵野の自然の環境を、身体で、目で、耳で…感じることが気持ちいい。太陽の光をたくさん受け、緑豊かな中、鳥の囀りや植物の息吹、玉川上水の水の音、そして自分が大地に踏み出す足音。。五感で感じ、それぞれの神経にいい刺激を与える。

1時間経った辺りで“PowerBar”を初めて試してみた。ペースを落とし、封を切りウィダーゼリーの感覚で口を付ける。舌に流れてきた感触は、それまで勝手に想像していた物とは全く異なり、瓶詰めの濃厚な蜂蜜のようだ(笑)。でもしつこくなく、すぐ溶ける感じで喉に流れ込む。味は、甘党の私にとって病みつきになりそうな美味しい味だ。量も少なすぎず多すぎず、1時間毎に補給するにはちょうどいい感じだと思う。

この玉川上水辺りは学校が多い。途中、明星学園、法政大学中高、國學院久我山などの私立校が目立つ。とてもいい自然環境に恵まれたところだ。都心にもそんな遠くないしね。最近は少子化で私立校も生徒獲得のために今までにない努力を余儀なくされているんだろうな〜、私の母校もこれらの学校と似たようなポジションだしな〜、など、途中考えながら走る。。

全行程15km。40kmにはまだほど遠いが、ほぼ休まず走りきる。ペースも安定してきた。ただやはり左膝に、今日は膝の裏の筋が痛んだ。先日OSHMAN'Sのスタッフの方にアドバイスを受けたように、足の筋力の問題だと思う。平日はスクワットなどの筋トレを引き続き行う。けっきょく、“故障”が一番怖いわけで、それを起こさないための万全を考えたい。スピードアップ、タイムなんてもちろん頭の中にはない。。とにかく完走を。

走行後、特に膝の関節周りに気を遣いストレッチを。粉末のプロテインを水で溶かし飲む。これって白い粉を水で溶かすので、当然白濁色になり豆乳系の味と勝手にイメージしてしまうのだが、飲むとパッケージに書いてあるようにフルーツ味だとか、アップル味だとか、確かにその味なのだが…、いつも不思議な感覚だ(笑)
トレーニング後、毎回ヘルスメーターに乗り計測しているが、体重は確かに約10年前に戻り安定しだしている。体脂肪も脚に関しては10%台だが、体幹、腕はまだ努力が必要だ…。

January 28, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (2) | TrackBack (0)

January 27, 2007

サプリメント

Img_5831
原宿で打ち合わせ後、気分を盛り上げようとOSHMAN'Sに。東京マラソンまであと約3週間に迫っているので練習も本格的に、と、いきたいところだが。

毎週の練習後、左膝に来る痛みの原因をスタッフの人にいろいろ聞いてみた。なるほどなるほど、ということもあって、更に突っ込んで練習方法なども聞いてみた。やはり筋力をもっとアップしなければならないようだ。

…と、いうことで(もないけど)、これから大会本番まで、毎日欠かさずサプリメントを併用したトレーニングを続けようと思い立ち、スタッフに相談しながら数点買い込んだ。

まずは毎食後のむ“マルチビタミン”。完走に必要な体力はもちろんだが、普段からのビタミン補給を。“アミノバイタル”は練習や、本番中に痛んだ筋肉を回復するためのサプリメント。さらに“PowerBar”はレース中の炭水化物の速効吸収に。そして練習後にはおきまりの“プロテイン”を。。

これで、効果30%アップ!なんて何の数値的根拠もないイメージを想い浮かべて、週末の練習のモチベーションを上げるのだった。とにかく筋トレ(特に足腰)、走り込みを毎日続けることだ。。

January 27, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2007

O脚?

先週と同じコースを2週、20km走る予定だったが、12km時点で左膝外側に痛みを感じた。ここはムリせず徐々にクールダウンし、ウォーキングに切り替える。後で専門書を読むとO脚の人の特徴らしい…。まだそこに筋肉が出来上がっていない時に現れる症状らしい。。なんか、だましだまし走っているような…。(苦笑)

前回もその前も同じ症状が出ている。トレーニング後、階段を“降りる”時にその左膝外側が痛む。先ほども高井戸から品川に移動中も、渋谷駅で階段を降りる時かなり痛む。たぶん当日本番中も、未知の世界20kmを超えた後に何らかの傷害が予測される…。事前にテーピングなどで対処が必要なのか…。1ヶ月切った今、いよいよ専門家に相談して万全を期したい。体力以外はね。。

来週は、実際のコースを走ってみるかな〜、自転車で。周りの景色など、感覚的につかんでおくことも必要かな〜と。。

しかし、こう毎週走っていると、体脂肪率、下がりますね〜ハッキリと。。ついに念願の?10%代に入りましたよ(笑)。自由が丘飲み仲間、仕事仲間のHくんの一桁台には決して追いつくことはないと思いますが(笑)、10%前半を目指すのもいいかな〜って、少し欲が出てます。。

まあ、元々そんなに太る体質ではないようで、と言っても、気を許すといろいろ他に影響が出るので、常に意識しておかないとね。でもこれって、なにが目標、目的なのかね。健康のため?、女性にもてるため?(笑)…。

鈴鹿サーキットを自転車で走ったり、トライアスロンに出てみたり、そして今回のフルマラソン…。
理由なんてないんだろうね、きっと。ただ、走りたいから、経験してみたいから、完走したいから…、そんな単純な事なんだろうね。趣味だって、仕事だって、金儲けだって、好きなことだって、好きな人に夢中になることだって…、実はそんな単純なことがきっかけかも知れないし。。

January 21, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2007

東京マラソン2007 in 銀座

Dsc00202

January 17, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2007

Bike Training

Lemond2昨日の10km Runから一夜明けた午後、足の違和感はほとんどない。3日に約10km走った時は、次の日、膝の関節に痛みが現れたが、今回は復路5km、玉川上水沿いの落ち葉の絨毯が敷き詰められた土の上を走ったためだろう、膝にはそんなに影響は残らなかった。。
予定では本日は筋トレを行う予定。品川区保健センターのジムへ行こうと思ったが、Dome内のスピニングマシンでバイクトレーニングで足の筋力アップを図ることにした。NHKの全国都道府県対抗女子駅伝を見ながら(笑)、始めは負荷を軽くして、約10分。その後徐々に重くし、20分。最後はクールダウン5分。軽いストレッチを行い約40分のトレーニング終了。40分でも終わってみると股の筋肉はけっこう張る。昨日のRunも片道約40分だったが、Bikeだと同じ40分でも15km走れる計算だ。
週明けはいよいよ1ヶ月前に入る。毎回次の日股がパンパン…などと言ってられず、トレーニングを欠かさず、フル走れるだけの筋力を付けていく。。

January 14, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 自転車 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2007

10km Run

Map1
週末の10kmラン。高井戸から井の頭通りを吉祥寺方面へ、やや向かい風の中黙々と走る。
途中、黄色の奇麗なモールトンがガラス越しに飾られている、手作りの革鞄ショップや、“Zephyr”のロゴが大きく入り口に張られている、東京サイクリングセンターの前を通る。立ち止まって(休む理由にと、笑)カメラに収める。井の頭通りはカーブもなく吉祥寺まで一直線で視界がいい。

Dsc00166 Dsc00168 Dsc00170 Dsc00171




吉祥寺に着き、井の頭公園で水分補給を兼ね一休みする。空気の冷たい週末、思ったより人は出ていた。このエリアのBikeはさすがに都心と異なり、ランドナー系に乗られている素敵なご年配の方が目についた。。たまたまだろうけど。あまりに素敵だったので写真を撮らせてもらった。復路は玉川上水沿いの土の道を下った。

Dsc00175 Dsc00176 Dsc00178 Dsc00189




次の日に備えて、前回より走行後のストレッチを入念にしたが…。夕方、ヤマダ電機のマッサージ機を使いに(笑)表に出たが、すでに右足付け根、右腰辺りに違和感を感じている。。

January 13, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 自転車 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2007

浅草キッド 東京マラソンへの道

東京MXテレビで21:00からやっていた。番組代表して2人が走るらしい。谷川真理をコーチに迎えアドバイスを受けている。。
トレーニング後はタンパク質をしっかり採る。
レース前は炭水化物をしっかり採る。
マラソンはまぐれはない。
当日の体調が大事。などなど…。
10km65分を目標(1km6分30秒)に2人が1周1kmのコースを走る。
1km毎のラップタイムを見ると、なるほど、しっかり目標に対してのリアルな数値が出る(あたりまえだが)。
全体の目標ではなく、途中の小刻みのラップタイムを目標にすえ、つなげていけばいいのだ。基本的なことのようだが、実際そのようなトレーニング経験がないので、これはためになった気がする。
映像で見せられると説得力あるな〜、ってあらためて。。
とにかく、泣いても笑っても、あと1ヶ月ちょっとだ。

January 7, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2007

初ラン。

Img_5714b

明日から始めようと思ったけど、箱根駅伝見てたら走りたくなった。(笑)
マラソンに向け揃えたシューズ、ウェアに身を包んで、浜田山までウォーキング、そこから高円寺まで走った。寄り道含め片道約5km(ウォーキング2kmラン3km)、ゆっくり走る。五日市街道に出ると、いいペースに。しかし、復路は股が張り、付け根に違和感を感じる。特に癖なんだろうけど、自転車と同じように右足に負担がかかるようだ。。左右のバランス要チェック。


Foreveryoお墓参りも兼ねていたので、途中高円寺駅前の花屋さんで花を買い、商店街をブラブラ歩く。レコード屋さんでは、つま恋のDVDを大々的にアピールしている。さすがフォーク時代の中心地、中央線沿線だ。。店員さんは90年代って感じだけどね。
31年前当時のライブもDVDになって販売されいていた。

January 3, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

東京マラソン コース

Tmap

“関門”が途中で8カ所あって、そのぞれ制限時間が定められている。
都内の交通規制の関係だろう、それを過ぎてしまうと、そこで強制的にレース終了に。。

スタート:都庁(0km) 9:10start
第1関門:飯田橋(5.8km) 閉鎖時刻10:24
第2関門:内幸町(10.6km) 閉鎖時刻11:08
第3関門:高輪3-23(15.6km) 閉鎖時刻11:54
第4関門:内幸町(20.5km) 閉鎖時刻12:40
第5関門:東日本橋(25.6km) 閉鎖時刻13:28
第6関門:東日本橋(30.4km) 閉鎖時刻14:12
第7関門:京橋郵便局(34.9km) 閉鎖時刻14:54
第8関門:豊洲駅前(38.4km) 閉鎖時刻15:34
ゴール:東京ビッグサイト(42.195km)16:10/7h

January 3, 2007 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2007

あと…、

Img_5704

2ヶ月切っている。東京マラソンまで。
今日、知り合いで中学校の体育の教師で、陸上部の顧問をしているTくんに会った。
彼は大学時代、今まさに行われている箱根駅伝のランナーだった。。
そんな彼にマラソンの話をいろいろ聞いた。
今から当日までの練習方法や食事のこと、シューズ選びやウェアーの話。。

ついでに渋谷のアートスポーツに一緒に行った。シューズを買いに。
私のではなく、彼の今年用のものだという。
私の選ぶものと異なり、底の薄い、バリバリアスリート用のものだ。
素人には足や関節にやさしい、厚底のものを選んだ方がいいようだ。
すでに買ってあるけど、まだ、ランニング練習には至っていない。

予定では(何度予定を立てたか、苦笑)、4日から始めるつもりだ。
正月、すでに食べ過ぎで、身体が重たくなっている。
そろそろ、意識していかないとね。。

Line_2

Img_5711“今日の1台”渋谷
r&m BD-1
やっぱり街乗りナンバーワンですね、ミニベロ。
ブレてますがワインレッドのとてもきれいな1台でした。

January 2, 2007 in Road to 東京マラソン2007, 自転車 | | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2006

2ヶ月後

東京マラソン2007、いよいよ後2ヶ月に迫った。先日ホノルルマラソンに参加した友人の話を聞いた。必ず摩擦が生じるところにワセリンを塗ることは必須だそうだ。脇、股の内側、足の指の間、乳首…などなど。長い、とにかく長く感じる(実際に)そうだ。途中の空腹もあり、いろいろな意味で“覚悟”は必要だ。。
4ヶ月前から意識しだしているが、実際のランニング練習には未だ至らず…。相変わらずウォーキングを週に2、3回(1回7〜8km)。そろそろね、ランニング練習始めて筋力アップしていかないとね。最近急に寒くなったけど、2月はまだこんなもんじゃないんだろうな。
Ta30

December 19, 2006 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (1)

November 28, 2006

夜のウォーキング?

Img_5637 Img_5634 Img_5640



夜の学校後はいつも渋谷まで歩く。夜の11時、明治通り沿いの店はほぼシャッターが閉まり、飲食店も疎らだ。時折明かりのついたままの店内からはクリスマスの光が放たれている。道行く人の視線を受けさらに輝きを増すような。雨もほぼ上がり、姿勢を意識して歩く。

山手線はやや混雑しているが、時折座席も空くが、こちらも意識して座らない。手帳でマラソン当日までの時間を計る。今週の日曜日で11週間前になる。この11週でどこまで走れるようになるか、大ざっぱに素人なりの走行メニューを書き込む。もうウォーキングの段階からジョギングにしないと…。早速この日曜日には5km走る計画(予定)。次の週は8km、その次は10km。その間平日は基礎トレを。。さてさて。

品川に着き、京急普通の時間まで10数分待たされるので、ぶらっとプリンス側に出た。赤い顔のサラリーマンの集団がJRに向かっている。その流れに逆行する。ここもすでに大きなクリスマスツリーが飾られている。半強制的に(笑)気分にさせられる季節だ。。こちらも、さてさて(笑)
Ta30

November 28, 2006 in Road to 東京マラソン2007, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2006

ADIDAS RUNNING METHOD CARAVAN

吉祥寺のOSHMAN'Sで行われたちょっとしたランニングイベントに参加してきた。もちろん東京マラソンに向けて。トレッドミル(ランニングマシーン)を使い、ジョギングしている下半身を後ろからビデオで撮影し、踏み込みから蹴りだし一連のステップをチェックする。また、その時の足の裏のどこに力が入っているか等もパソコンでチェックし、インストラクターの解説、分析、アドバイスもとても参考に、勉強になった。

パソコン上のビデオを見ながら解説を受ける。見るからに蹴りだした後のフォローが外に開いている。水泳のクロールでいうと水をかいた後ややななめ後方にフォローするような向きだ。これは蹴りだす時に親指のみに力が入りすぎている結果だという。だからフォローがその対角線の外側に流れるのだそうだ。ふ〜んとうなずきながら、もう一度トレッドミルを使わせてもらい自己チェックする。なんか意識すればするほど、ステップがぎこちなくなる。右手と右足がいっしょにでるような(笑)

結局、アディダス社の意図通り最新のランニングシューズを買った(笑)。もともと買うつもりではいたが、実践の確認ができ、さらに1割引にしてくれた。日本人向けに作ったというこのシューズ、確かにナイキやニューバランスのどのタイプにもない、もちろんアディダスにもないフィット感抜群のシューズだ。さあ、これで取り置きしているウェアを揃えれば、あとは自分の努力だけだ。
Ta30

November 18, 2006 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (2) | TrackBack (0)

October 18, 2006

朝のウォーキング

朝、8km歩く。ゆっくり歩き約2時間の散歩がてらの?ウォーキングに。やや汗をかき、夕べのお酒を抜くのにもいい効果になったようだ(笑)。身体にはいきなりだったようで、右足(股)の付け根あたりにやや違和感が。右側に偏っているようだ。まあ、これは先のOSHMAN'Sのランニング講習会でチェックしてもらおう。。

歩いている時の頭の中は、初めのうちは街の景色を楽しみながらだったが、途中からフィクション小説なんかのストーリーを考え出したり(笑)
まあ、今日夕方の打ち合わせも、一駅前で降りるなどして、なるべく歩くようにして続けたいものだ。もちろん、電車内では座らないで(笑)少しずつ筋力を上げていく。。
Ta30

October 18, 2006 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2006

Road to 東京マラソン2007

Img_5390_pass
毎週末恒例となった朝の散歩in渋谷(笑)
井の頭線終点、渋谷の1駅前の「神泉」で降り、東電OL殺人事件があったアパートの前を通り円山町の下を抜け東急本店前に出る。大概“Tully's”の表テラス(と言うほどでもないが)でコーヒーを飲む。中の喫煙コーナーはとても空気が悪い。たばこを吸う自分でも気分が悪くなる(苦笑)。新幹線の喫煙席のようだ。しかし、今日は素通りする。もちろん禁煙!のため。。

今日からは、先日買った「今日から挑戦するフルマラソン」に沿って(笑)いよいよトレーニングの開始です。今週打ち合わせなどの移動時に、電車の中でひたすら読み続けた内容を実践していく。

第1章「歩くことから始めよう」から(笑)
まずは「1日1万歩」を目標に歩く習慣をつけよう。と、見出しそのままの行動から始める。歩くにはやはり“万歩計”必要だよな〜ということで(笑、初めてヨーロッパ行く時に腰に付けるタイプを持って行ったが、旅の始め方で落としてしまいそれ以降は気にしなかった記憶が…)先日ネットで買ったSEIKO"LIFE SPORTS fun walker"を時計機能と併用し使い出す。まあ、腰に付けるタイプよりはスタイルはいいが、左腕に巻く腕時計タイプなので、いつも使っている時計は装着できない(こともないが…)。それに比べるとやはりカッコはイマイチなので“LIVE STORONG”と合わせてつける。。

神泉駅降り「歩行計測」をonにする。ずーとonのままだとキーボードを打っていても歩行していると計測されてしまう(笑)。なので、いちいち歩き出す時にon、offを切り替えるのだ。。気になったのでものは試しと、onにしてオフィースの中ほぼ歩かない状態で普段の仕事をしていたら、数十分で数キロ歩いたことになっていた(笑)

東急本店前からハンズ横の“picnic on picnic”でファイルを数点買い、今週は“普通の”書籍を欲しているのでROGOSではなく「Book1st」に行った。そうそう、今週のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」は“ベストセラーはこうして生まれる〜編集者・石原正康〜”村上龍一、山田詠美など有名作家との作品作りの過程を紹介した。最近読んだものや、先日の“風味絶佳”のちょっとした話なども作者本人が話したり、旬の話題で今回も面白かった。。ところが結局、デザイン関連本数冊、1万円以上は送料無料ということで、その中の1冊だけ手持ちで(笑)あとは明日届けてもらうことにした。しかしこのペースで本を買い続けると来月の請求がちょっと怖い(苦笑)

さて、オフィースに着きSEIKO"LIFE SPORTS fun walker"(長い名前だな〜)の歩数を見ると「2697」歩となっている。設定時に1歩74cmとして登録してあるので、2697×74=199,578cm=1995.78m=1.99578km(約2km)歩いたことになる。まあ、トータル的にそんな感じかな。歩数目標だと10,000歩ー2697=7,303歩、今日歩かなければならない。距離でいうと…7303×…、なんか電卓も持ち歩く生活になりそうだ…(笑)
Ta30

October 14, 2006 in Road to 東京マラソン2007 | | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

東京マラソン2007に向けて

Full早速とった行動は、まず練習方法を考えるため吉祥寺の“OSHMAN'S”に行き、アスリート系の店員さんにこれこれこういうわけで…と、いつもの“これこれ…”から。(笑)

シューズコーナー(いつも形から)で、トレーニングや実践などに適したシューズのことを聞きまくる。OSHMAN'Sは原宿もそうだけどとても親切にアドバイスしてくれる数少ない?アスリート系ショップだ。まあ、ファッションテイストも強いが、そこが私のような半アスリート系にとって気持ちがいい。(笑)

自由が丘の飲み仲間?に、1年365日毎日欠かさず駒沢公園をジョギングしていいるバリバリアスリート、何故かいつもかわいい若い娘を連れいている私より一回りくらい年上のちょいワルオヤジがいるが(笑)、氏には、私の行動について、いつもどこか甘いと説教される(笑)。そこがまた楽しい。ってどこが(?、笑)

えにうぇい〜、OSHMAN'Sの次は書店に行きマラソン関連本を物色。その中で平積みされていた“今日から挑戦するフルマラソン”を購入。まさに東京マラソン2007に出場するであろう私のような“素人アスリート系フルマラソン初挑戦者”にもってこいの一冊だ。構成もとても良くまとめられていて、まさにこの大会に合わせて出版されたような内容だ(笑)。

第1章「歩くことから始めよう」2ヶ月の練習でフルマラソンも夢じゃない!と始まる。よく見積もって2ヶ月として“普通”でその倍の4ヶ月、まさに来年2月に照準を合わせているではないか。(笑)
さらに、まずは「1日1万歩」を目標に歩く習慣を付けよう。シューズ、トレーニングウェアはどんな物を選べばいい?など、万歩計、専用シューズが欲しくなる、“形”から入る人の心をくすぐる各見出し(笑)、第2章では走行フォームの解説、トラブル回避方法など実務的な内容。第3章は、「とにかく完走!2ヶ月メニュー」として、具体的なトレーニングメニューをいくつか紹介している。それをそのまま取り入れたくなるようなリアルな内容だ。さらに章が進むに連れより目標を高く設定している。。などなど。何の指針もない人にとって、とても参考になる1冊だ。
Ta30
Line_2

今日から挑戦するフルマラソン
今日から挑戦するフルマラソン内山 雅博

日本実業出版社 2005-01-27
売り上げランキング : 20202

おすすめ平均 star
star短期集中型の初心者向け

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

October 9, 2006 in Road to 東京マラソン2007, スポーツ, 日記, 書籍・雑誌 | | Comments (2) | TrackBack (0)

October 05, 2006

当選!

今度はホントの当選(笑)。今日の午後、10月上旬に抽選結果発表・通知となっていた“東京マラソン2007”の結果連絡が、東京マラソン事務局からメールで送られてきた。「…定員を大幅に超える応募があり厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました。…」とのこと。。まあ、大会直前ビビってキャンセル続出を見越して(笑)多めに当選させているのだろう〜と、すでにビビっている自分(笑)

「つきましては…参加料および手数料の支払完了をお願いします。」え〜と参加料っていくらだっけ?メール内の「入金支払用URL」をクリックし、名前を入力すると「エントリー個人情報」が出てきた。そこにはエントリーした時に入力した内容が記録されていて、支払い方法や金額、エントリー情報には予想タイムも書かれている。確かに自分で書いたものだが、その時は予想も何もフルマラソン走ったことないし、適当に“3時間”と書いていた。。

ちょっと待てよ。3時間って、、厳しいんじゃない。確か、20代後半の頃、ハーフマラソンに2回ほど出たことがあるが、その時のタイムは…ほとんど記憶から消えているが、2時間前後だったような…。だとしても単純にフルでその倍、しかも後半はペース落ちるだろうし、年齢的体力も遙かに落ちているわけだし、どー考えても今の自分では3時間なんて時間はまったくの宇宙的数字だ。。ってーことは、5〜6時間が現実的なところか。

ん、しかもトライアスロンもそうだけど“制限時間”ってものがあるはずだ。。どれどれ(サイトをよく読む)あったあった“7時間”。え?しかもコース途中に“関門”というのが全部で8カ所あって(関所かい?笑)それぞれに“閉鎖時間”が設定されている。交通・警備、競技運営上として、「遅れた場合は競技を中止していただきます。」とある…。なんか篩にかけられるみたい、厳しい〜。

とにかく募集要項を見直すと細かいことがたくさん書かれてあるので、当日までに理解し、自転車でコースの下見をして(この時点で挫けたりして、苦笑)、いまから準備に取りかかろうと思う。って何すんのかな。まあ、たばこをやめるところからか。。とにかく来年2月18日当日までに42.195km完走できるようにトレーニングを始めなければね。今月中に5km、来月10km、12月にはハーフマラソンと、そんな漠然とした計画を思う(立てるではない、笑)のだった。。
Ta30

October 5, 2006 in Road to 東京マラソン2007, スポーツ, 日記 | | Comments (2) | TrackBack (0)

August 29, 2006

東京マラソン2007

来年2月に行われる“東京マラソン2007”(記念すべき?第1回大会)に参加します(笑)。といっても私のような一都民は、多数の場合抽選ということらしいので落とされる可能性はあるわけで、決まったわけではないのですが。現に締め切り直前エントリーした後、送られてきた受付番号は50万台(苦笑)。参加人数は25,000人…。え〜、20倍の競争率です。。

この倍率、なんか妙な緊張感が蘇りますね〜。中、高、大学受験、そして就職倍率。。私の場合4戦3勝1敗(笑)。倍率はけっこう今回と似たようなものかも知れない。高校だけはかなり低かったけど。。

とにかく、いつ結果が分かるのか、メールには10月初旬頃連絡するとのことだが。。これを機に(っていつも形から入る)ジョギング、筋トレなど始めるのもいいかもしれない。結果次第ですぐ終わる可能性大。(苦笑)

とにかく、秋は運動の季節ですぞ〜、世の運動不足を感じている方々。まずは自転車で、軽快に、気持ちよく、身体を解してみてはいかがでしょうか〜。>自分

追記(9月14日)
つい先日、申し込み人数が発表になりましたね。およそ3倍の約75,000人ほどが申し込んだらしい。申し込み後に送られてきた受付番号の数字は単純に人数ではないようですね。。ってことは、参加する可能性が高くなったってこと、ね。ちょっとだけ緊張感が。(笑)
Ta30

August 29, 2006 in Road to 東京マラソン2007, スポーツ, 日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)